北海道の雑誌立ち読みコーナー

北海道で出版されている雑誌の読み物の一部を、出版社のご協力を得て掲載しているコーナーです。北海道の魅力を知るきっかけとして、立ち読みコーナーをご利用ください。もっと読みたい! という方は、各雑誌をお買い求めください。ネットからも購入できます。

特集「北海道で食べる春の野菜」から、スゴイYAOYA(八百屋)

ちょいぷら創刊号表紙ピックアップ記事の他、おきなわいえごはん
今日からわたしもお取り寄せ達人 など
毎日の食が楽しくなる記事が満載!

choi-plus(ちょいぷら)2010年春号(創刊号)は、定価500円(税込)。
北海道のコンビニ、書店、東京の一部書店、アマゾンで好評発売中!
出版社:株式会社トゥルーフードストーリー

野菜はスーパーで買うだけじゃつまらない!
イケメンだったり、青果のプロだったり、野菜ソムリエだったり、
いろんな店長さんのいる八百屋へGO!春がさらにおいしくなります!

◯種類豊富な野菜のワンダーランド!

フーズバラエティすぎはら
店長 杉原俊明さん

住宅街にあるお店に一歩足を踏み入れると、野菜や果物はもちろん、お魚からお肉、加工品から調味料まで、全国各地から選りすぐった食材がいっぱい! 特に青果物はすべて国産というこだわりよう。暖かくなるにしたがって、どんどん北海道産の野菜が増えていきます。

八百屋三代目の杉原さんは、子どもの頃は八百屋が嫌でしょうがなかったそう。その理由は、家族揃って夕飯を食べることができないこと。それ故に一旦は会社に就職、サラリーマンになったのですが、営業職の残業の多さ、食事の不規則さは八百屋以上! 他にも思うところがあって、やっぱり家業を継ぐことにしました。

でも最初は大苦戦! 一時は安売り志向に走ってお客様を集めたこともありましたが、それも長続きせず。試行錯誤する中で、「北海道の野菜博士」故・相馬暁先生などとの出会いから、もっと扱う商品の知識を持つべきだ!と気づきます。

ベジタブル&フルーツマイスターや北海道フードマイスターなどの資格を取った杉原さんは、生産者さんとのネットワークつくりにも着手。品揃えの良さと商品知識の深さから、しだいにクチコミでお客様が増え、今のスタイルへと発展してきました。 自ら手書きする商品解説のPOPは、どれもわかりやすくて丁寧! 食べたことのない野菜まで、思わずカゴに入れてしまうほど。そんないろんな野菜との出会いが楽しめるのが、杉原さんのお店なのです。

●Shop Data
Tel.0120-202-447 札幌市中央区宮の森1条9丁目3-13
営業時間/10:00~19:30 定休日/日曜日(祝日不定休)
http://www.f-sugihara.com/

◯おいしい野菜にこだわった品揃え

フレッシュファクトリー
オーナー 増田孝さん

野菜マニア御用達! 道産野菜から日本各地の伝統野菜、新しい品種の野菜までずらりと勢揃い。増田さんが、生産者さんとのネットワークをフルに活用して仕入れた野菜たちは、どれもいい顔しています。

栽培方法や産地ではなく、「おいしさ」にこだわって品揃えを行うのが増田流。そうはいってもニーズはあるので、定番野菜は常に店頭に並んでいますが、「今はおいしくないよ」と正直にお客様に言うこともあるそうです。

以前は、全く異なる業界で仕事をしていたこともある増田さん。信念を持って、いろいろな人とのつながりを大切にするビジネススタンスは、今も昔も変わりません。だから仕入先も日本全国に及んでいます。

このお店に来たら、そんな増田さんにいろいろと質問してみること。野菜の知識も増えて、おいしい食材も手に入ってと、一石二鳥のメリットがありますよ。

●Shop Data
Tel.011-232-1808 札幌市中央区北2条東4丁目 サッポロファクトリーレンガ館1F
営業時間/10:00~19:00 定休日/サッポロファクトリーに準じる
http://freshfactory.jp/

◯食べた野菜をすぐに購入できる!

やおやの食堂 Valo
スタッフ 萱場祐子さん

なんといってもオススメは、このお店の「やさいサラダ定食」。嶋田料理長オリジナルのサラダは、約30種類の野菜を生かすよう、揚げる・焼く・蒸す・煮る、そして生などそれぞれ異なった下ごしらえをした手の込んだ一皿。これがもう、絶品のおいしさなのです!

そしてもうひとつの楽しみは、サラダに入っていた野菜を、入口にある販売コーナーで購入することができること。有機栽培や特別栽培だったり、珍しい品種だったり、全国各地から揃えた自慢の野菜たちは、どれも個性的なルックス。お料理意欲をそそられます!

調理方法などは、萱場さんらスタッフに聞いて。野菜の楽しみがさらに広がりますね。

●Shop Data
Tel.011-622-4808 札幌市中央区北1条西24丁目2-8 MYプラザ円山公園1F
営業時間/野菜販売11:00~20:00 ランチ11:45~15:00(14:30LO) ディナー平日18:00~23:30(22:30LO) 日祝18:00~22:30(21:30LO) 定休日/火曜日

◯とにかく道内もの!ならココへ

HUGマート
店長代行 七島ひとみさん

オープンから1年3カ月が過ぎて、すっかり狸小路にその存在が定着した感じのHUGマート。朝10:00のオープンから、次々とお客様が訪れます。札幌近郊の農家さんの朝採野菜が届く時間を狙って来店するお客様もいるそうです。

野菜や加工品など扱っている食材はすべて北海道産。その品種もバラエティに富んでいます。また生産者さんの顔写真入りシールがどの商品にもついているのが、HUGマートの特徴。どの野菜にも、なんか親しみが湧いてきます。

七島さんをはじめ、スタッフは野菜好きで、お料理好き。従業員の大半を占める主婦スタッフによる、実際に調理したものを持ち寄った試食会も頻繁に行なっているので、売っているものに関する知識も豊富。見て聞いて、安心しておいしい野菜を手に入れることができますよ。

●Shop Data
Tel.011-242-8989 札幌市中央区南2条西5丁目 東宝プラザビル1F(狸小路5丁目)
営業時間/10:00~19:00(HUGイート11:00~22:00) 定休日/年末年始のみ
http://www.s-hug.jp

◯ひとりごはんを応援してくれる!

やさい・くだもの専門店 長谷川商店
長谷川葉子さん

長谷川さんの名刺の裏には、「野菜ソムリエと呼ばれる私とおしゃべりをしながら楽しくお買物してみませんか?」という言葉。話すうちに、新しい野菜・珍しいもの、気になるけど手がだせない…そんな商品を買ってみたくなる気持ちになっていくお客様が多いとか。

そんなこのお店のキャッチフレーズは「ひとりごはんを応援する八百屋」。ヒット商品の「ベジパフェ」(280円)は、10種類以上の野菜が薄皮でくるまれたセット。これだけで1日に必要な野菜の半分を摂取することができます。このまま蒸すと、薄皮のかおりがほんのりと野菜について、またおいしいのです!

生産地にでかけることも多いという長谷川さん。野菜に関して知っている限りのことを、お客様に伝えたいという熱意に、たくさんの長谷川商店ファンが生まれています。

●Shop Data
Tel.011-583-4461 札幌市南区真駒内本町5-1-12
営業時間/9:30~19:00 定休日/日曜・祝日
http://www.vege-fruit-hasegawa.jp

◯生産者さんにも積極的に働きかけ

北のやさいや Veggie Shop あさだ
浅田久美子さん

ワゴン車には、有機栽培・特別栽培中心の野菜がぎっしりと。この車で札幌市内を巡って販売を行なっている浅田久美子さんは、ベジタブル&フルーツマイスターだけではなく、JAS有機農産物小分け業者としての認証も取得しています。

当然生産者さんとの関係も親密。有機野菜を増やそうと、親しくなった生産者さんに有機栽培を勧めることもしばしば。浅田さんの熱意にほだされて、チャレンジする人も増えているとか。そんな生産者さんに、浅田さんは野菜の出来の良し悪しから、価格設定の仕方までアドバイスしているそうです。

さらに浅田さんが興味があるのが、野菜の食べ方。野菜を買うついでに、いろんなアイデアレシピを聞いてみるといいかもしれませんね。

●Shop Data
Tel.011-707-2489 ●自宅ガレージ販売(北区新川4-1-1-13)月~土10:30~13:00(日休み) ●カフェフォーエバー(東区東苗穂10-1-1-13)火14:30~15:30 ●鮮魚万両(北区北25西12-1-3)火・土16:00~18:00 ●じょじょ(手稲区富岡5-4-18-6)木14:00~15:30 ●チュリス札幌(北区北7西6-1-1)木16:30~17:00 ●インソムニア(中央区北10西16-1)木17:30~18:00 ●自休自足cafe(北区新琴似3-7-1-21)金16:00~17:00

◯信頼できる商品にこだわって20年

有機栽培・特別栽培農作物 アンの店
代表取締役 鈴木秀利さん

お店にずらりと並ぶのは、野菜から農業加工品、水産物にお菓子に洗剤まで数千にも及ぶアイテム。共通しているのは、素性が明らかで信頼できる商品ばかりということです。

野菜の仕入れ先は、鈴木さんが生産現場を訪ねたところばかり。北海道だけではなく日本全国を巡って、自分の目で確かめた商品を店頭に並べています。オープンして20年、このスタンスに共感する多くのお客様が、このお店のファンとなっています。

期間限定の商品も多数。行くたびに発見があるのも、このお店の魅力ですね。

●Shop Data
Tel.011-863-9373 札幌市白石区本通り4丁目南1-13
営業時間/10:00~19:00 定休日/火曜日
http://www.clf.ne.jp/anne

◯プロが頼る品揃えが楽しめるお店

大鎌商店
店長 渡部宏さん

料理店など業務用の野菜販売を主に商売を行なってきた大鎌商店。中央市場場外のお店は、なるほどプロ向き! と感心するような品揃え。全国各地から旬や新顔から珍しいものまで、見ているだけで楽しくなるようなたくさんの野菜がずらりと並んでいます。

同じ野菜でも料理に合わせられるようにサイズ違いがあったりするのも、プロ料理人たちがこのお店を愛する理由。もちろん一般のお客様でも普通に野菜を買うことができますよと、渡部店長。

最近は有機栽培野菜にも力を入れはじめ、道内の畑でいろいろと試作をはじめているそう。さらに充実の野菜ラインナップが近い将来には実現しそうです。

●Shop Data
Tel.011-642-2546 札幌市中央区北12条西23丁目(札幌中央市場場外さっぽろ青果館内)
営業時間/5:00~15:00 定休日/日曜日・祝日 月1~2回水曜日
http://www015.upp.so-net.ne.jp/ohkama/

■choi-plus(ちょいぷら) ブログ・ツイッター・フェイスブック

ネット上で「choi-plus」のブログ・ツイッター・フェイスブックを開設。
記事で取り上げたスポットや、広告をいただいた生産者様や企業の最新情報を、専任担当者が毎日更新で、リアルタイムに読者やファンに伝えていきます。

<前へ | 新着順一覧 | 次へ

この記事を知らせる

ブックマークする