寄稿 おまえのかあちゃんデ~ベ~ソ! 和多田 進

RSS

第15回

わが言説の弁明

 日本中の人が北海道にプラスのイメージを持っている、と思う。だから、北海道は高倉健とか…

続きを読む

第14回

利権の構造をスケッチする

 今回の原発事故でも「鉄の三角形(政・財・官)」と、マスコミが演じる猿芝居は不変だろう…

続きを読む

第13回

メメント・モリ(死を想え!)

 かつて北海道人のメルマガに連載していた『濡れにぞ濡れし』(アーカイブ参照)を降板するに際し、私は二つのことを書いた… 

続きを読む

北海道のじゃがいもはウマイのか?

第12回

北海道のじゃがいもはウマイのか?

 中野重治に「短歌雑感」という文章がある。そこに「……歌のよしあしぐらいは、日本人なら誰でもわかるという太い線を、文学の世界での、自明の理として押したてる必要があると思う。『よしあしぐらいは』というのは、一首一首について見て決してやさしい問題ではない… 

続きを読む

八百長考

第11回

八百長考

 日本のマスコミ、わけてもテレビは狂っているのじゃなかろうか。沢尻エリカの離婚問題、プロ野球の斎藤佑樹ときて、いまは八百長相撲一点張りである。何ごとも同じで、一点主義…
 

続きを読む

プロフィール

和多田 進(わただ すすむ)

ジャーナリスト、編集者。1945年北海道生まれ。1976年晩聲社創立。『週刊金曜日』初代編集長兼社長。月刊誌「CHAI」編集長。荒木経惟「日本人ノ顔」プロジェクト代表。日本聞き書き学会理事。著書に『生きてるうちが花なのよ 編集現場で考える』(晩聲社)、『横撮り』(バジリコ)、『ドキュメント帝銀事件』『Story A 天才アラーキーの撮影現場』(いずれも新風舎文庫)など多数。

前へ | 新着順一覧 | 

この記事を知らせる

ブックマークする