RSS

函館編 その3

函館編 その3

カフェは静かなジャズが流れていた。白波をかきわけてゆったりと走る、壁のポスターの蒸気客船は、かなり古いものでタイタニック号あたりの時代を感じさせた。そのポスターを背にした若いふたりが、グリー…
 

続きを読む

函館編 その2

函館編 その2

線路はプラットホームのどんづまりで終わっている。それはいつものコトだった。しかしハコダテ駅は、いつのまにかリッパになっていた。それは聞いていないのだ。ボクは聞いてなーイって。かつては夜行…
 

続きを読む

函館編 その1

函館編 その1

函館に 向かう。札幌駅の朝の地下通路。都会の真中は、人込みの竜巻で渦巻いている。ほらさ、スターウォーズの白い軍隊が、ザッザッザッてな行進でせまってくる迫力なんだね。こんな光景は、もう何十…
 

続きを読む

プロフィール

鯨森惣七(くじらもり そうしち)

室蘭生まれ。東京八丈島でダイバーとして漁師と共に働く。のちにCM制作の職に就く。札幌でTOMATOMOONとサクラムーンを設立、プロデュースする。近作として、JR車内誌での「陽だまりがあれば地球人」、サッポロビールでの「ボクだって星の王子様」などのイラストエッセイ。現在、HTBテレビ「ハナタレナックス」の収録スタジオのデザインおよびオープニング映像・タイトルの企画制作を手掛けている。2010年5月に絵本「ぺ・リスボーの旅・ダラララー」を出版した。
cuzira@leo.interq.or.jp

前へ | 新着順一覧 | 次へ>

この記事を知らせる

ブックマークする