RSS

kirakira02

金色にきらめく暗黒の海

国道5号線から、ハンドルを右にゆっくり切って、淡々とおいしげる背丈草のなかをきりさくように連なるわき道を走った。
その先には、海がある。

続きを読む

kirakira01

八雲の海に抱きしめられた

いつのまにか新しくリッパになってしまったハコダテ駅にいた。札幌行きのキップを手にして待合スペースで腰掛けている。
ハコダテ駅よ、お前だけ21世紀の顔みたいなふりをしたってよ。 

続きを読む

 

函館編その11

ハコダテ駅まで路面電車で行くのはやめた。
海の観える岸壁の近くのベンチに腰を下ろした。湾内の遠くを走る白い観光遊覧船を観ていた。
また昔を、思い出していた…

続きを読む

HAKODATE MAP 10

函館編 その10

十字街の近くでバスを降りた。このまま路面電車に乗ってしまえば、函館駅に行ってしまうことになる。
なんだか後ろ髪引かれるような気がして、反対の南部坂を見上げていた…
 

続きを読む

HAKODATE MAP 09

函館編 その9

ボクはいまロイヤルミルクティーと雑誌の両方に集中している。
「野生のピューマが獲物を狙い定めるとき、静かに草のなかで身を沈めて…
 

続きを読む

プロフィール

鯨森惣七(くじらもり そうしち)

室蘭生まれ。東京八丈島でダイバーとして漁師と共に働く。のちにCM制作の職に就く。札幌でTOMATOMOONとサクラムーンを設立、プロデュースする。近作として、JR車内誌での「陽だまりがあれば地球人」、サッポロビールでの「ボクだって星の王子様」などのイラストエッセイ。現在、HTBテレビ「ハナタレナックス」の収録スタジオのデザインおよびオープニング映像・タイトルの企画制作を手掛けている。2010年5月に絵本「ぺ・リスボーの旅・ダラララー」を出版した。
cuzira@leo.interq.or.jp

前へ | 新着順一覧 | 

この記事を知らせる

ブックマークする