HOME > 特集「北海道ふるさとラーメン紀行」目次 > ページ5 味の龍月 (大樹町)

2006年8月9日公開・北海道人特集

家族連れにも若者にも愛される量と値段に納得の中華メニュー

味の龍月 (大樹町)

住所:大樹町西本通
電話:01558-6-2093
営業:11時〜15時、16時30分〜22時30分、第2土曜・日曜、第4日曜定休

龍月写真
国道236号沿いにあり、赤いのれんと大きな看板が目印。

↑国道236号沿いにあり、赤いのれんと大きな看板が目印。

 「最初は弟と一緒に始めて、兄弟ともに中華の修業をしてきたため、店名も中華風になりました。まもなく弟は本州で開店することになり、それ以来、妻と二人三脚でやっています」と、人なつこい笑顔で話す店主の石倉新一さん。そんな気さくな感じが、長年愛されている理由のひとつといえそうだ。
 「味の龍月」は、道の駅コスモール大樹の向かいの国道236号沿いにあり、交通の便のよさから昼は観光客の利用が多い。1972(昭和47)年に市街地の北側で創業、11年前に現在地に移転し、営業年数はトータルで35年になる。
 「35年続いたのは、地元の支えがあってこそ。お子さんが来て散らかしても、お父さんがハメをはずしても大丈夫。気軽にのんびりできるところがいいのかもしれません。
 常連のお父さんの息子さんが高校生になって友だちと来たり、結婚して家族で来たりするなど、2世代で来てくださるお客さんもいらっしゃいます」。
 15歳のときから料理人の世界に入り、中華の技を磨いてきた石倉店主の作る料理の数々は、若い世代にも人気。「帰省したときは、必ずチャーハンとラーメンをセットで食べる」という人もいるほどで、ボリュームがあって値段も安いのが大きな魅力。
 夜は居酒屋風となり、宴会向けに中華系のほか、地元の素材を積極的に使った刺し身類など和食も出す。地元客にも観光客にも笑顔で気持ちのよいサービスを提供してくれるお店だ。
十勝の清水町から仕入れた「牛トロ」を使った人気メニュー、「牛とろ丼」735円。とろっとした舌ざわりと、白身だけに少し焼き目を付けた目玉焼きのバランスが絶妙。ワサビ醤油をかけてどうぞ。

↑十勝の清水町から仕入れた「牛トロ」を使った人気メニュー、「牛とろ丼」735円。とろっとした舌ざわりと、白身だけに少し焼き目を付けた目玉焼きのバランスが絶妙。ワサビ醤油をかけてどうぞ。

「厨房を手伝う息子にそのうち店を継がせたい」と微笑む店主の石倉新一さん。

←「厨房を手伝う息子にそのうち店を継がせたい」と微笑む店主の石倉新一さん。

創業当初から続く昔ながらの「しょうゆラーメン」525円。

創業当初から続く昔ながらの「しょうゆラーメン」525円。とんこつスープは油っこくなく、やさしい味わい。栄養たっぷりのホエー(乳清)をエサに混ぜた「源ファーム」(大樹町)の豚もも肉を使用。スープにチャーシューを煮たタレを加え、コクを出している。

このページの先頭へ