HOME > 特集「桜の国の北海道」目次 > ページ8 - 厚岸町・国泰寺

桜の国の北海道

北海道人・2006年4月特集

北海道の桜名所と おいしい名物案内

文・写真/編集部

北海道・桜名所マップ
稚内市・稚内公園 和寒町・塩狩峠一目千本桜 旭川市・旭山公園 小樽市・手宮公園 札幌市・円山公園 根室市・清隆寺 厚岸町・国泰寺 新ひだか町・二十間道路桜並木 森町・青葉ヶ丘公園

 お花見本番はまだまだこれから。北海道の桜前線は、4月の道南にはじまり、5月をすぎて6月初めまで、北へ東へと進んでゆきます。北海道の代表的な桜は「エゾヤマザクラ」。本州などのソメイヨシノとは一味ちがい、濃いピンクから薄紅まで色あざやかで、独特の勢いのよい迫力が感じられます。このほか、遅咲きの白い「カスミザクラ」や、寒さに強く可憐な「チシマザクラ」なども北海道らしい桜です。
 お花見に出かけたら、ぜひその土地ならではのおいしいものをお忘れなく。花よりだんご、ではありませんが、花と名物を味わう旅にでかけましょう。

厚岸町・国泰寺(こくたいじ)

桜の見ごろ: 5月中旬から下旬
おもな桜: エゾヤマザクラ
住所: 厚岸郡厚岸町湾月町1丁目
電話: 0153-52-3131(厚岸町役場まちづくり推進課、厚岸観光協会)
交通: JR厚岸駅から車で10分
厚岸町・国泰寺(こくたいじ)

 文化元(1804)年に設置された、蝦夷三官寺のひとつ。境内には樹齢170年以上という老桜樹があり、その昔、この桜の下で風雅な宴を催したことが寺の日誌「日鑑記」に記されている。厚岸湖近くの桜の名所・子野日(ねのひ)公園では桜まつりが催され、名産の牡蠣を味わうこともできる。
(写真協力:厚岸観光協会)

名物牡蠣最中

牡蠣最中
販売場所: あら川菓子司 厚岸本店
*桜まつり期間は、会場の子野日公園でも販売。
住所: 厚岸郡厚岸町真栄町1条42
電話: 0153-52-3247
URL: http://www.kaki-monaka.com/

 厚岸名産のカキをかたどった最中で、40年以上にわたって町民に愛され、昭和39年には「全国和菓子大品評会」で名誉最高賞を受賞。十勝産小豆あんと、白あんに味噌とオリジナルの牡蠣エキスを加えた「牡蠣あん」の2種類がある。白味噌のカキの栄養分は、花疲れの体にも効きそう。
(写真協力:あら川菓子司)

このページの先頭へ