北海道人・特集バックナンバー HOME バックナンバー一覧

北海道遺産「ばんえい競馬」 北海道の大きな馬たち
体重1トンもの馬が、直線200mのコースを鉄ソリを曳(ひ)いてゆく。ソリに載っているのは、騎手と数百キロ〜1トンもの重り。 	途中に設けられた2カ所の障害(土手状の坂)を越えてゴールを目指す馬に、観衆もコース横をいっしょに移動しながらげきを飛ばす。 	北海道遺産・ばんえい競馬の光景だ。  北海道開拓の歴史の中から生まれた世界で唯一のこの競馬と、びっくりするほど大きな馬。 	その由来をひもといてみよう。
(写真提供:北海道市営競馬組合)
文/伊藤由起子  協力/北海学園大学 経済学部教授 古林英一氏
北海道人 北海道人トップページへ ばん馬のルーツと功労馬『イレネー』 ばんえい競馬の始まりと伝説の騎手・中西関松 絵本『赤べえ』の世界 ばんばインフォメーション