北海道人・特集バックナンバー HOME バックナンバー一覧

特集 北国ラーメンものがたり 北海道四大ラーメンを訪ねる 特別編
苫小牧名物カレーラーメンを作ってみよう!
取材・文・写真/編集部

「満龍」のいちばん人気は、竹山さんのお母さんが40年ほど前に考案した「味噌カレーラーメン」

 太平洋に面した苫小牧といえば、製紙業、フェリー、港湾都市、ウトナイ湖とハクチョウ、ホッキ貝…などが連想されるが、今回はなんといっても「カレーラーメン」。市内のラーメン店は、メニューにカレーラーメンを掲げる店が多く、まちの人にとっては極めて身近な存在である。実際に食べたことがない人は、「カレーラーメンって本当においしいの? キワモノじゃないの?」と疑ってしまうかもしれない。しかし一過性の流行りなら、メニューとして何十年も続くはずがないし、街中のラーメン店がみんなで出すはずがない。
 今回は、苫小牧のカレーラーメン人気店である「満龍」の竹山健さんに、家庭でも簡単にできるカレーラーメンの作り方を教えていただいた。

▲「満龍」のいちばん人気は、竹山さんのお母さんが40年ほど前に考案した「味噌カレーラーメン」。複雑なスパイスの風味と辛さが、特別にブレンドされた味噌によく合い、一度食べると何度も食べたくなる味わい。ほかに塩カレー、しょうゆカレーもある。

竹山健さん

竹山健さん
「北海道人」のために、いつも店で出すものよりずっと手軽に、でも味わいは本格的に、特別レシピを考えてくださった。「これならご家庭でも失敗なく、おいしくできます。きっとクセになりますよ」。

「満龍」

「満龍」
住所:苫小牧市王子町1丁目1-16
1カ月ほど前から、新メニュー「チーズカレーラーメン」も登場した。


家庭でできる手軽な味噌カレーラーメン
家庭でできる手軽な味噌カレーラーメン
材料(1人分)

400c.c.
コンソメスープの素(固形) 1個
味噌(あればこうじ味噌) 50グラム
カレー粉 小さじ1
ガラムマサラ 小さじ1/2
レッドペッパー(または黒コショウ) 少々
マンゴーケチャップ(またはマンゴージュース、リンゴジュースなど) 小さじ2
はちみつ 小さじ1
ニンニク 適量
オリーブオイル 適量
生ラーメン 1玉
好みの具(メンマ、長ネギ、チャーシューなど)  


作り方
  1. 材料をそろえ、分量を計る。レッドペッパーやニンニクの分量は、好みで加減する。
  2. 鍋に水とコンソメスープの素を入れて火にかけ、味噌、カレー粉、ガラムマサラ、レッドペッパー、ジュース、はちみつ、ニンニクを加え、よく混ぜてスープを作る。
  3. どんぶりにオリーブオイルを入れ、(2)のスープを注ぐ。
  4. ラーメンをゆでて湯をよくきり、どんぶりに入れ、上にメンマなどの具をのせる。
材料をそろえ、分量を計る。レッドペッパーやニンニクの分量は、好みで加減する。 鍋に水とコンソメスープの素を入れて火にかけ、味噌、カレー粉、ガラムマサラ、レッドペッパー、ジュース、はちみつ、ニンニクを加え、よく混ぜてスープを作る。 どんぶりにオリーブオイルを入れ、(2)のスープを注ぐ。 ラーメンをゆでて湯をよくきり、どんぶりに入れ、上にメンマなどの具をのせる。
ワンポイント
  • 満龍の店で出すラーメンにはラードを使っているが、家庭で作るときはオリーブオイルがおすすめ。手軽にコクが増し、ぐっと本格的になる。
  • マンゴーケチャップは、大きな食材店などで販売している。手に入らないときは、マンゴージュース、リンゴジュースなどでもよい。
  • はちみつを加えることで味がまろやかになる。なければ少量のみりんでも。
  • ラーメンでなく、ご飯といっしょにスープカレーとして食べてもおいしい。
  • もし時間とやる気があれば、スープの素を使わずに、豚骨、鶏ガラ、玉ネギでスープをとると本物の満龍の味に近づくことができる。
前のページへ 北国ラーメンものがたり目次へ戻る  
北海道人トップページへ 特集 北国ラーメンものがたり