北海道人・特集バックナンバー HOME バックナンバー一覧

特集 北国ラーメンものがたり 北海道四大ラーメンを訪ねる「札幌編」 取材・文/編集部
その2 喫茶店に広がるラーメン
大正14年開店の「喫茶店ルビー」(写真提供:岩井剛志さん)


十銭のコーヒー、十五銭のラーメン
 大正から昭和にかけては、札幌の「食」が大きく変化した時代である。
 西洋料理や中国料理店のほか、本格的なコーヒーを出すモダンな喫茶店が次々と登場している。ラーメンと喫茶店――ちょっと無関係のように思えるがここに深い関係がある。

 和田義雄氏の『札幌喫茶界昭和史』によると、昭和のはじめ狸小路4丁目にあった「お坊ちゃん」という喫茶店では、「十銭のコーヒーより、十五銭の支那そば(ラーメン)が売れていた。」とある。6丁目の「暁」という喫茶店でも、和田さんと友人が「いっしょにコーヒーを啜ったり、ラーメンを食べたり」している。また、文化人のたまり場となっていた「紅や」では「床に鋸屑を敷きつめ、ラーメンやおでんまでも売っていた」という。

喫茶店ルビーの店内
▲喫茶店ルビーの店内。札幌でいちはやく本格的なコーヒーを出し、入口の足下に電気の光を透かす仕掛けでステンドグラスをはめ込むなど、モダンな店だった。(写真提供:岩井剛志さん)
▼「ルビー喫茶店」の新聞広告(昭和6年)
このころからラーメンを出し始めたらしい。
「ルビー喫茶店」の新聞広告(昭和6年)
「甘から食堂」の広告(昭和初期)
▲「甘から食堂」の広告(昭和初期)ルビー喫茶店と同一経営者による食堂開店のお知らせ。 和食のメニューのなかに支那そばの文字が見える。
和食のメニューのなかに支那そばの文字が見える。
「ルビー喫茶店」移転のお知らせ(昭和初期)軽食としてラーメンが定着している様子がわかる。 「ルビー喫茶店」移転のお知らせ(昭和初期)軽食としてラーメンが定着している様子がわかる。
昭和初期の冷やしラーメン
昭和初期の冷やしラーメン。▲
夏になるとルビーのメニューに加えられた。狸小路の「万福堂」を営んでいた王万世氏の指導で作ったもので、キュウリ、豚肉、シイタケ、タケノコ、長ネギの具が入った冷たいあんがかかっている。(写真は北海道浅井学園大学の山塙圭子さんが再現したもの。『札幌生活文化史/大正・昭和戦前編』より)

  大正14(1925)年に開店した「喫茶店ルビー」も、ラーメンに力を入れていた店のひとつだ。ルビーは現在パルコのある4丁目十字街(札幌市中央区南1条西3丁目)に建っていて、喫茶店そのものがめずらしかった時代にずいぶんと人気をよんだ。経営者は、札幌の西洋料理の草分けでもある「有合亭(ありあいてい)」を父から継いだ岩井安栗(いわい・あぐり)氏。彼は横浜の西洋料理店で修業をしたあと、札幌でいくつか店を出し、晩年は西洋料理の講習会なども開いている。写真が趣味のハイカラな紳士で、店の広告や内装などをすべて自分でデザインしていたという。

 岩井家に残っていた当時の資料を、安栗氏の親戚にあたる岩井剛志さんが探してくれた。そのなかにあった新聞広告に、ちょっと洒落たこんな文句が載っている。
 「お寒くなりました 暑くて美味しい 支那そば カレーライスも始めました」
 時代の最先端をいった喫茶店で、こちらも当時流行していた中国料理をいち早く取り入れたようだ。また、有合亭(ビクトル・ユーゴーにちなんで「ユーゴー亭」とよばれた)は「甘から食堂」という直営店も出しているが、こちらのメニューには、親子丼、なべ焼き、そば、赤飯などと並んで、支那そばが上げられている。ラーメンが庶民の味として、だんだん定着してきたことが感じられる。

 残念ながら、そのころのラーメンがどんな味だったのか、そこまでは分からないのだが、ルビーでは夏になるとキュウリや豚肉をのせた「冷やしラーメン」まで出していた。石蔵を改造したモダンな店内で、お洒落なモボ・モガたちが、つるつるとラーメンを食べていたことを考えると楽しい。

 これらの喫茶店では、中国料理の料理人がいたわけではないので、専門店から製麺してもらったものを仕入れていた。ルビーでは「万福堂」の王万生氏から麺を仕入れ、ラーメンの作り方も教えてもらっていたという。こうして、札幌のラーメンのすそ野が広がっていったのである。

 

前のページへ 北国ラーメンものがたり目次へ戻る 次のページへ
北海道人トップページへ 特集 北国ラーメンものがたり