北海道人・特集バックナンバー HOME バックナンバー一覧

魅惑の動物園 北海道人トップページへ

春は赤ちゃんデビューの季節!――札幌市円山動物園――新しい出会いと感謝の別れ

札幌市円山動物園イメージ画像

 

 

 1951(昭和26)年の開園以来、札幌はもとより北海道中の人に親しまれている円山動物園。終戦後間もなく上野動物園の「移動動物園」が開かれたことをきっかけに、その翌年、多くの人々の要望にこたえて開園した。当時飼育されていた動物は、ヒグマ、エゾシカ、オオワシの3種だけだったのが、今は200種、数にすると1000頭(昆虫・両生類をのぞく。2004年11月現在)にものぼる。日本でも歴史のある動物園である。
 ようやく雪どけのはじまった円山動物園を訪ねた。

札幌市円山動物園イメージ画像

 

赤ちゃんワラビーの散歩

 園の正門から入ると右手に、こじんまりした「タスマニア館」がある。
 ここは今から16年前にできた施設で、北海道とオーストラリアのタスマニア州(6つある州の1つ)が姉妹提携を結び、カンガルーなどタスマニア産の動物が寄贈されたことからスタートした。ちなみに、札幌は北緯42度、タスマニア島は南緯42度に位置しており、地球の南北でちょうど同じ緯度にある。

 タスマニア館に、新しい仲間が増えていた。
 ベネットアカクビワラビーの赤ちゃん、1歳4カ月のメスで、名前はまだない。
 彼女のおかあさんは子育て中に事故で亡くなってしまい、その後、飼育係の川野弘幸さんがミルクをあげて大事に育てた。小さなころから人と接してきたため、あまり人を警戒しない。私たちが手を差し出すと、小さな鼻をフンフンさせて近づいてくる。

 これが、ものすごくかわいい。
 ワラビーは小型のカンガルーの仲間で、大人になっても背丈が70センチくらいしかない。目がぱっちりしてまつ毛が長く、モコモコの毛におおわれて、まるでぬいぐるみのようだ。親もたいへんにかわいい。しかし、赤ちゃんのあどけない顔と仕草は別格である。
 春の屋外デビューを前に、現在、特別お散歩訓練が行われている。毎日1回(月・火は休み)、お客さんたちがしゃがんで見守るなか、館内の通路を30メートルほどゆっくりと歩くのだ。エサのニンジンを見せると、小さな両手で受け取り、カリカリと音を立てて食べる。あちこち寄り道したり、後戻りしたりするので、短いルートを5分くらいかけて歩く。
 どんなに機嫌の悪い人でも、たとえ悲しいことがあった人でも、この姿を見て微笑まない人はいないだろう。動物の赤ちゃん(もちろん人も含めて)が元気に育つ姿は、明るくて、うれしいものである。

 動物園には、ほかにもいろいろな赤ちゃんがいる。
 同じタスマニア館のモモイロインコ夫婦には、ここ数年続けてヒナが生まれた。現在は目下巣のなかで子育て中。その様子がビデオカメラで生中継されている。また、別のワラビーのお腹には、まだ親離れしていない赤ちゃんが入っていて、たまに袋から顔を出すのが見える。歩き出すのはもう少し先のようだ。
 今年1月に生まれたキリンは、「シゲジロウ」と名前が決まり、おかあさんの「たかよ」に寄りそっている。4月以降は屋外の広い運動場に出る予定。  昨年生まれたホッキョクグマのツヨシは、みんなに愛されてスクスク成長し、先日無事に釧路市動物園に旅立っていった。
 新しい命が生まれ、育ち、また新しい命へつながっていく。動物園では、そのドラマにたくさん出会うことができる。

 

2004年春に生まれたベネットアカクビワラビー。名前は現在募集中。お客さんが見守るなか、ゆっくりと散歩中。

お腹の袋に赤ちゃんを入れた、おかあさんワラビー。
2005年1月に誕生したキリンの赤ちゃん、「シゲジロウ」。(写真提供:札幌市円山動物園)
今年も出産が期待されるホッキョクグマ夫婦。雄のデナリ(11歳)と雌のララ(10歳)。
 

 

タスマニア館の人気者だったウオンバットの「タスマン」。2004年10月に老衰で亡くなった。(写真提供:札幌市円山動物園)

さよなら「タスマン」

 新しい命との出会いがある反面、動物園には当然別れもある。
 昨年の秋、ウオンバットの「タスマン」が亡くなった。1989年に円山動物園にきたので、16年間ここで暮らしていたことになる。年齢は推定で20歳、人に換算するとかなりおじいちゃんだった。タスマンのいた飼育室はまだそのままで、いまも隅っこから出てくるような気がする。ウオンバットは夜行性なので昼間は寝ていることが多く、丸い身体をますますコロンと丸めていた姿を思い出す。

 小さな動物が1頭そこに居るだけで、私たちはその動物が生まれた故郷を思い、それらを育む大きな自然に思いをはせることができる。動物園は、地球上のたくさんの命とつながっていることを、いつも忘れないでいたいと思う。

 

関連情報

 

  • 円山動物園春まつり
    日程:2005年4月29日(祝)〜5 月5日(祝)
    内容:オープニングパレード、動物クイズ、キャラクターショー など

 

 

魅惑の動物園 目次へ戻る 次のページへ