北海道人・特集バックナンバー HOME バックナンバー一覧

特集 北海道、駅弁紀行 北海道人トップページへ

駅弁のはじまり――北海道駅弁のルーツ、「銭函名物・酒まんじゅう」は今も健在

旅に欠かせない駅弁イメージ画像

 旅に欠かせない駅弁。
 ゴトンゴトンとゆれる車内で、ほんのり温かい駅弁を食べる幸せ。
 おかずをつまみに、ゆっくり缶ビールを飲む幸せ。
 冷凍ミカン、アツアツのお茶、読みかけの文庫本、窓の外をながれる景色。
 「駅弁」と聞いたとたん、さまざまな風景が浮かんできて、私たちの心はワクワクした気分に満たされる。

 まずは駅弁のはじまりを調べてみよう。
 日本に初めて駅弁が登場したのは、明治18(1885)年7月、日本鉄道が上野―宇都宮間の鉄道を開通させた際、地元の旅館業者が宇都宮駅でおにぎり2個にタクアンを添え、お茶と一緒に売ったのが最初といわれている。しかしこれよりも前、明治10年頃に大阪駅や神戸駅で弁当が売られたとか、明治17年に熊谷駅ですしとパンが売られたとか、いくつかの説があり、残念ながら断定はできないようだ。

北海道で初めての鉄道・手宮―札幌間を走った機関車「第二番機関車弁慶号ノ図」(北海道大学附属図書館所蔵)
当時、銭函駅で売られていた酒まんじゅうの包み紙。大正時代から戦時中まで変わらないデザインだった。(松本光世氏所蔵)
駅弁のはじまり イメージ画像

 北海道にも古いエピソードが語り継がれている。
 確実な記録によることは困難だが、古老の語るところによると、明治13(1880)年幌内鉄道手宮―札幌間が開通して間もないころ、銭函(ぜにばこ)駅ホームにおいて甘酒饅頭を売っていた人があり、それが銭函名物として大いに人気を呼んだため、一時は7、8人も売子がホームに出動するという状況を呈するに至ったので、開拓使から規制され4人の者に限り、売子としてホームに出動することを許可されたという。これが立売りそのものの始まりであろうと思われる。
 (北海道国鉄構内営業の歩み<レールとともに50年>昭和52年9月刊より)

 銭函駅の近くにあった和菓子屋が、自家製のどぶろくを使ってまんじゅうを作っていたようだ。地元の人の話によると、最初に作ったのは西辻甚太郎という人で、最盛期には4、5軒の店で製造していた。できたてのホカホカを直接ホームへ持っていって販売するので、お腹のすいた旅人たちによく売れたという。
 弁当ではないが、これが北海道の駅弁のルーツといわれている。函館本線・小沢駅の「トンネルもち」、野幌駅の「煉瓦もち」とともに和菓子の三大名物と呼ばれたが、戦後になってどぶろくが自由に製造できなくなると、自然に作られなくなってしまった。

 

北海道、駅弁紀行 目次へ戻る 次のページへ