北海道人・特集バックナンバー HOME バックナンバー一覧

特集 北海道、駅弁紀行 北海道人トップページへ
北海道の名物弁当を訪ねて
道の駅・ライスランドふかがわ「釜めし」
北海道深川市の道の駅の地図 道の駅。広々とした駐車場。道北の深川にある道の駅には、工夫いっぱいの釜めしが人気を集めている。
「ライスランドふかがわ」は2003年にオープンした新しい道の駅。
米をテーマに、売店や展示コーナーが充実。
大ヒットの「タラコバター釜めし」を考案した成沢千春さんは、厨房スタッフ歴1年。
タラコバター釜めしは、炊く前にタラコとバターを入れる。
ほどよくおこげがつくように、火加減を細かく調節する。
あとからのせる生タラコと、炊き込んであるタラコ、2種類の食感と味わいを楽しめる。
道南・松前産のタコを使った「タコ釜めし」。
店長の木下寛庸さん。車のセールス業から「何か作り出す仕事がしたい」と料理人に転身したという経歴の持ち主。

 道内でも有数の米どころ・深川市に、米をテーマにした道の駅「ライスランドふかがわ」がある。ホール中央には「新米ふかがわ」と書かれた大きな看板と、どっさり積まれた「ほしのゆめ」「ななつぼし」などの米袋。さすがお米のまち、という感じがする。
 2階がレストラン「駅逓(えきてい)」で、大滝産のキノコ、枝幸産のカニなど道産食材を使った釜めしが人気のメニュー。

 米はもちろん深川産の「ほしのゆめ」と、「彩(あや)」という品種をブレンドして使っている。
 「『彩』はあまり市場に出回っていない米ですが、もち米のような食感が釜めしによく合います。ひとつの穂にできる米の量が少ないそうで、生産量も少なくて貴重なんですよ」と、店長の木下寛庸さんが教えてくれた。釜めしは全種類お弁当として持ち帰ることができ、テイクアウト専用の容器で、店で出すのと同じようにひとつずつ炊いてくれる。
 ここの釜めしは、とにかく種類が豊富だ。
 山菜、カニ、トリ、ホタテといった定番もあれば、タコや牛肉など、ほかではあまりないものまで6種類がそろい、さらに季節限定のメニューも登場する。2004年の秋冬の限定は、「タラコバター釜めし」。タラコとバターを一緒に炊き込んで、ほんのりピンク色になったご飯の上に、生のタラコがのっている。甘いバターの香りがあたたかい、寒い季節にぴったりの一品である。

 ほとんどの釜めしは、20代が中心のスタッフ18人全員が参加して、使う食材から味まで意見を出し合いながら作っている。今回のタラコバターは、厨房スタッフの成沢千春さんが発案した。
 「白糠産のタラコで釜めしを作ることになり、何と一緒に炊こうか、という話し合いの中で、最初はマヨネーズやしょうゆを入れてみたんです。でもいまいち味が決まらないので、バターにしてみたらバッチリでした」と成沢さん。
 その後、バターの量をみんなで試食しながら調節し、現在の味になってデビューした。成沢さんは、「厨房がガラス張りなので、お客様の様子がよく見えるんです。おいしそうに食べているのを見ると、本当にうれしい」と笑う。それに対して店長は、「一番人気はやっぱりカニですが、次がこのタラコバターなんですよ」と予想外の売れ行きに驚いているようだ。レストランには、次々に考案されるユニークな釜めしを楽しみに来る地元客が増えてきた。
 「次はどんなのかって?まだ言えませんが、また違う魚貝類を使ったものを作る予定です」と店長。さてこれから、どんな釜めしが生まれるのだろう。

 

「釜めし」が買える場所 道の駅ライスランドふかがわ「駅逓」
  • 道の駅ライスランドふかがわ「駅逓」
    住所:深川市音江町字広里59-7
    電話:0164-26-3636

 

前のページへ 次のページへ
北海道、駅弁紀行 目次へ戻る