北海道人・特集バックナンバー HOME バックナンバー一覧

北海道ニュース イメージ 北国の日本酒リレー
イントロ 米農家に聞く 杜氏に聞く 蔵元・蔵人たちに聞く 酒屋・料理人・日本酒ファンに聞く 北海道の蔵元

北海道の酒造りのはじまり
 北海道の酒造りは、江戸時代にはすでに、道南の江差、松前、函館などで行われていたという記録が残っています。ただ生産量はごくわずかで、多くの人は本州から仕入れた酒を飲んでいました。
 酒造りが本格的にはじまるのは、明治5年、北海道開拓使が置かれてからのこと。その先駆けとして、同年に石川県出身の柴田與次右衛門が札幌の創成川沿いに造り酒屋(日本清酒の前身)を開きます。官営のビールやワイン工場に比べ規模は小さかったものの、徐々に生産量を伸ばしていきました。
 そもそも酒の仕込みは寒い季節に行われるため、原料米の問題を別にすれば、北海道は酒造りに適した土地です。開拓が進み人口が増えると酒の需要は次第に伸び、それとともに酒造りも盛んになります。明治35年には道内に200近い蔵元がありました。
 道内の酒造業者は、本州の歴史ある酒どころに負けない酒を造ろうと努力を重ね、大正12年には、道内で飲まれる酒の約9割を道産酒が占めるようになりました。


山あり谷ありの酒造り
 第二次世界大戦がはじまると、酒造りは大きくかげりを見せますが、戦後になると酒の需要はふたたび旺盛になりはじめます。原料米が「割り当て制」により制限されながらも、蔵元は酒を造り続けました。昭和30年代になると、高度経済成長とともに酒造りも大きく発展。昭和41年には、道内酒の出荷量が約5万7,000キロリットルを超え、その最盛期をむかえました。
 しかし、また苦労の時代がやって来ます。このころから、ビールのシェアが急激に拡大。また本州の大手メーカーが日本酒を量産し、北海道市場にどんどん入ってきたため、道産酒は苦戦を強いられます。その結果、昭和50年に約4万キロリットルだった出荷量は、10年後に約2万キロリットルに減少し、蔵元の数も年々少なくなりました。
 その後、平成4年の日本酒の級別制度廃止をきっかけに、全国で「地酒ブーム」が起こり、日本酒は復活の兆しを見せます。かつて品評会用に造られていた吟醸酒などが一般に売り出され、おいしい酒を求めていた消費者の心をつかんだのです。利き酒を楽しむ人や女性ファンも増え、それまでの日本酒のイメージが変わりはじめました。北海道でも「この土地ならではの地酒造り」をめざし、各地で個性的な動きがはじまっています。
 ちなみに、北海道の酒造組合に加入している蔵元は現在15、平成14年の道内酒の出荷量は1万170キロリットル(全国の1.1%)です。


「日本酒ができるまで」日本酒は、米のデンプンを麹で糖化させ、酵母の力でアルコール発酵させたものです。

前ページへ 次ページへ