北海道人・特集バックナンバー HOME バックナンバー一覧

特集 新選組 北へ! 北海道人トップページへ
永倉新八 ― 北に生きる 永倉新八
永倉が鳥羽伏見の戦いから甲州勝沼の戦いまで着ていた胴衣。内側に和歌が書きつけられている。「武士乃節を尽くして厭まても貫く竹の心そ一筋」(北海道開拓記念館蔵)
松前藩の名門に生まれる

 土方歳三が、北に倒れた新選組の男だとすると、北に生きた新選組の男たちがいた。
 その筆頭にあげられるのが、新選組の結成に深くかかわり、近藤勇、土方歳三と肩を並べる永倉新八である。
 永倉(長倉)新八は、天保10(1839)年、松前藩家臣・長倉勘次の長男として江戸に生まれた。
 長倉家は、もともと松前藩出入りの呉服商だったが、娘の勘子が12代松前藩主・資廣の側室となったことから士分に取り立てられた。ちなみに「夷酋列象」で知られる画家で松前藩家老の蠣崎波饗(かきざきはきょう)は、勘子と資廣の間に生まれた子である。この勘子は、永倉新八の大叔母にあたり、長倉家は松前藩きっての名門であった。

 永倉は、剣の人だった。
 18歳で神道無念流の免許皆伝となり、脱藩して修行し、近藤勇の天然理心流・試衛館の食客となっている。永倉の剣の腕については、のちに開拓使に出仕し、北海道にわたった新選組隊士・阿部十郎が「沖田総司、是がマア、勇の一弟子でなかなか能く仕いました。其次は斉藤一と申します。それから是は派が違いますけれども、永倉新八と云う者が居りました。此者は沖田よりもチト稽古が進んでいました」(『史談会速記録』)と語っている。
 世情騒然とする文久3(1863)年、永倉は幕府が集めた浪士組の一員として、近藤、土方らと京へ上る。この年、そのまま京都に残った13名の同志の一人として、彼は新選組の結成に参加することになる。

永倉が持っていた木刀。長さ53.4cm。愛用していた小太刀を模して作られた(北海道開拓記念館蔵)

 

新選組幹部として京都で活躍

 新選組を一躍有名にした「池田屋事件」で、永倉は近藤、沖田、藤堂平助らとともに池田屋に斬り込む。のちに永倉が小樽新聞に語った回顧録(『新撰組顛末記』として刊行)では、激しい戦いのなかで、永倉は親指の付け根を削がれ、刀を折るなどして奮闘。沖田が持病で倒れ、藤堂が眉間にけがをして戦列を離れ、屋内には近藤、永倉の二人だけが浪士8名と対峙し、あわやというときに井上源三郎、原田佐之助らがかけつけ、ようやく制圧したとある。
 こののち永倉は長州藩兵との戦いとなった「禁門の変」、新選組を分裂させた御陵衛士の伊東甲子太郎らを殺害した「油小路の変」などで活躍、その名は広く知られるようになった。

 その一方で永倉は、近藤局長が「おうおうにしてわがまま」で、同志を家来のようにとりあつかう(前回顧録)ことで隊士のなかに不平がたまり、脱走者が相次いだことを憂慮し、斉藤一、原田佐之助らと図り、新選組を預かる会津藩主松平容保に対し、近藤を糾弾する「建白書」を出すなど、硬骨漢ぶりを見せている。
 会津候のとりなしで近藤とは和解するが、永倉には、このように時節や派閥にへつらわない、武士らしい一本気なところがあったようだ。

永倉新八・名前覚
永倉新八・名前覚永倉が生涯のなかで知り合った人々の名前を記したもの。新選組隊士たちの名前もあり、没年などが列記されている(北海道開拓記念館蔵) ↑クリックで拡大

 

前のページへ
次のページへ