北海道人・特集バックナンバー HOME バックナンバー一覧

特集 新選組 北へ! 北海道人トップページへ
特集 新選組 北へ! 新選組お土産図鑑
 新選組ゆかりの函館、松前、江差には、土方歳三や箱館戦争、開陽丸に関連したお土産がたくさんそろっています。今回は、数あるお土産のなかでも、北海道ならではの品々をご紹介します。
「土方歳三ポートレート」「フィギュア」 販売場所:五稜郭タワー

 五稜郭公園に隣接する「五稜郭タワー」には、土方歳三に関するお土産が勢ぞろい。大きさ145ミリ×97ミリのポートレートは、市立函館図書館所蔵の写真から複製したもので、土方ファンに大人気。写真入れには、「新選組 土方歳三」という土方の肉筆からとった文字が入っている。かわいらしいフィギュアは、土方のほか、榎本武揚、ペリー提督もある。   「土方歳三ポートレート」「フィギュア」
「ガラス製品」 販売場所:五稜郭タワー

 函館市内のガラス工房「アトリエグラスアート」のガラス作家、内藤洋子さんが制作したシリーズ。砂を吹き付け、削られた部分がすりガラス状になり模様ができる、サンドブラストという手法で作られている。グラスやトレーには、ひとつひとつ手作業で刻まれた土方の肖像が浮かび上がる。ほかに写真立てやペーパーウェイト、タンブラーなどもそろっている。   「ガラス製品」
「日本手ぬぐい」 販売場所:五稜郭タワー

 昭和45年から行われている「箱館五稜郭祭」にちなんで、約20年前から販売されているロングセラー。絵柄は2種類あり、ひとつは「五稜郭由来記」で、五稜郭築城の歴史がつづられ、榎本、土方とともに戦った大鳥圭介の漢詩が配されている。もうひとつの「函館五稜郭奮戦之図」はイラストで箱館戦争が描かれている。   「日本手ぬぐい」
「土方歳三まんじゅう」「誠参上」 販売場所:五稜郭タワー

 「土方歳三まんじゅう」は、皮とあんに黒砂糖が入った香ばしい薄皮まんじゅう。表面に、土方の直筆からとった「土方歳三」というサインが焼きつけられている。「誠参上」は、どら焼風の生地に黒豆の入ったあんと求肥をはさんだ焼き菓子。2004年から発売されている。   「土方歳三まんじゅう」「誠参上」
「誠のつまみ」「土方歳三誠漬」 販売場所:土方歳三函館記念館

 「土方歳三函館記念館」では、お酒に合いそうなお土産がそろう。「誠のつまみ」は、珍味3種類がセットになって、いろいろな味が一度に楽しめる。「土方歳三誠漬」は、「松前漬」という道南地方独特の醤油漬けで、細切りのいか、昆布、数の子を漬け込んだもの。ほのかな塩辛さで、コリコリとした歯ごたえの大きな数の子がぜいたくに入っている。   「誠のつまみ」「土方歳三誠漬」
ワイン「土方歳三の血(赤)・ゆかりの人(白)」 販売場所:五稜郭タワー、土方歳三函館記念館、函館空港、函館市内デパート

 ネーミングの面白いワイン。赤はミディアムボディで飲みやすい口当たり、白はやや辛口でさわやかな味わい。どちらも土方歳三の肖像写真のラベルがついている。製造は地元の「はこだてわいん」で、地域限定商品として作られた。   ワイン「土方歳三の血(赤)・ゆかりの人(白)」
『新選組と松前』 販売場所:松前藩屋敷、松前城資料館

 「松前町史に親しむ会」が2004年4月に発行した約50ページの小冊子。松前藩にゆかりのある永倉新八を中心に、「新選組と松前」「松前家と長倉家」「池田屋事件」などの項目をたてて解説している。写真や資料が多く入っていてわかりやすく、永倉新八という人物の背景や、新選組と箱館戦争での松前との関わりを知ることができる。   『新選組と松前』
『開陽丸』 販売場所:開陽丸青少年センター

 1990年に発行された開陽丸の歴史や発掘された遺物についての図録。幕府の注文により、開陽丸を建造したオランダに残る資料も数多く載せられ、当時の進水式の様子などから、開陽丸の建造がいかに重要なものだったかがわかる。また、海底遺跡として調査・研究が行われた経緯や遺物のリストなど、日本では前例のなかった水中発掘の資料としても貴重。   『開陽丸』
「開陽丸 真ちゅうキーホルダー」 販売場所:開陽丸青少年センター

 開陽丸の操舵輪、大砲、滑車がデザインされたキーホルダーで、適度な重みに高級感がある。江差沖からの引き揚げ品に、真ちゅう製のものが多くみられたことにちなんで作られた。大砲の筒の部分が動いたり、滑車が実物さながらに回ったりするところが細かい。   「開陽丸 真ちゅうキーホルダー」
「開陽丸まんじゅう」 販売場所:開陽丸青少年センター

 ひとつひとつに開陽丸のシールのおまけがついたおまんじゅう。種類は田舎、よもぎ、桜、黒砂糖生地の大島の4種があり、中にこしあんや粒あんが入っている。1個ずつ包装されているのでお土産に便利。販売期間は4月〜6月ごろまでと、9月〜11月ごろまで。2004年は9月上旬からの予定。   「開陽丸まんじゅう」

 

お土産の販売場所について
  • 五稜郭タワー1階売店
     住所:函館市五稜郭町43−9
     電話:0138−51−4785
     開館:4月21日〜10月20日 午前8時〜午後7時(無休)
        10月21日〜4月20日 午前9時〜午後6時(無休)
     URL:http://www.goryokaku-tower.co.jp/
  • 哀愁テーマパーク土方・啄木浪漫館
    「土方歳三函館記念館」1階おみやげコーナー

     住所:函館市日乃出町25−4
     電話:0138−56−2801
     開館:午前9時〜午後6時(無休)
     URL:http://www.romankan.com/hizikata/
  • 松前藩屋敷
     住所:松前町西舘68
     電話:01394-3-2439
     開館:4月10日〜10月31日 午前9時〜午後5時(期間中無休)
        ※冬期休館。開館期間は変動あり
  • 松前城資料館(松前城天守閣内)
     住所:松前町字松城144
     電話:01394−2−2216
     開館:4月10日〜12月10日 午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで)
       
    (期間中無休)
        ※12月11日〜4月9日まで休館
  • 開陽丸(開陽丸青少年センター)1階売店
     住所:江差町字姥神町1−10
     電話:01395−2−5522
     開館:午前9時〜午後5時(4〜10月は無休、11〜3月は月曜定休・祝日の場合は翌日)
     URL:http://www.hokkaido-esashi.jp/kaiyoumaru/