北海道人・特集バックナンバー HOME バックナンバー一覧

北のお菓子たち 北海道人トップページへ
      べこもちの系譜
「べこもち」と「かたこもち」 「べこもち」と「くじらもち」 まだまだ深まる名前のナゾ べこもちのルーツ?東北をたずねて
べもこちのルーツ?東北をたずねて
 なぜ、「べこもち」は「べこもち」というのだろう。
 白黒の色合いから考えられる「ホルスタイン説」、まだら模様の「べっ甲説」、牛がふせた姿の「和牛説」。いったいどれが本当なのか、またはもっと別の由来があるのか。
 そのナゾをとくために、津軽海峡をこえて青森県の下北半島をたずねた。

 本州の最北端、つまり北海道にいちばん近い下北地方にも、同じく5月の節句に作られる「べこもち」がある。
 下北は明治に入るずっと前から北海道とつながりの深い土地である。日本海でニシンがたくさん捕れたころには、毎年春になると大勢の男たちが出稼ぎにやって来た。古くから開けていた道南の松前や江差には、下北をはじめ東北から移り住んだ人も多い。
 たくさんの人が頻繁に行き来するなかで、日持ちのするべこもちをお土産に持ってきた人もいただろう。また、下北から嫁いだお嫁さんが、ふるさとを懐かしんでべこもちを作ったこともあっただろう。下北生まれのべこもちが、人々ととともに北海道に渡ったと考えることは想像に難くない。

 ただし、下北で作られるべこもちは、北海道でよく見られる木の葉型ではなく、カマボコのように細長く成形し、それを輪切りにし、蒸し上げて作る。近年はとくに下北北部の大間町のべこもちが有名で、お土産としても人気が高い。
 その最大の特徴は、美しい模様にある。ちょうど金太郎飴のように切り口からさまざまな模様が表れる。ピンクや緑、紫など、色ごとのパーツを棒状に作り、それらを微妙に組み合わせて模様にするという。もちろん作るには非常に手間がかかる。色あざやかで食べるのがもったいないくらいだ。
 この下北式のべこもちを、カマボコ型に細長く成形するときに、牛(=べこ)の背のようにこんもりまとめていくことから、べこもちとよばれるという。なるほど、これなら牛のふせた姿に見える。
特製べこもち
大間町の婦人グループ「こすもす生活改善グループ」のみなさん手づくりの特製べこもち。

べこもちの美しい模様を作るには、かなりの技術が必要となる。地域の女性たちの腕のみせどころ。
べこもちの美しい模様を作るには、かなりの技術が必要となる。地域の女性たちの腕のみせどころ。
べこもちの美しい模様を作るには、かなりの技術が必要となる。地域の女性たちの腕のみせどころ。
美しい模様を作るには、かなりの技術が必要となる。地域の女性たちの腕のみせどころ。
写真提供:青森県東通村役場

「たばね」とよばれるべこもち
下北で古くから作られているべこもち。稲を束ねている模様で、「たばね」または「たばねのし」とよばれる。こちらもこすもす制作。
下北の伝統的なべこもちの作り方
茶色の棒を作り、白色で包んで少し平らにし、重ねて上から押す
(1)茶色の棒を作り、白色で包んで少し平らにし、重ねて上から押す。
中心を二カ所切る
(2)中心を二カ所切る。
切り口をしぼる
(3)切り口をしぼる。
白の台を2個作り、(イ)の切り口を上に向け、(3)を図のように置く
(4)白の台を2個作り、(イ)の切り口を上に向け、(3)を図のように置く。
形を整え、輪切りにして蒸す
(5)形を整え、輪切りにして蒸す。

「べこもち」は下北全域で作られ、昔は図のような「たばね」や「うずまき」模様が一般的だった。

参考資料:『下北地方に伝わる行事と料理』(川内町役場)



前ページ 次ページ