北海道人・特集バックナンバー HOME バックナンバー一覧

ドラゴンとアンモナイト --化石が語る太古の北海道 3. アンモナイトの宝庫 「三笠市立博物館」を訪ねて
3. アンモナイトの宝庫 「三笠市立博物館」を訪ねて
 道央の岩見沢市からバスで約25分、三笠(みかさ)のまちを訪ねた。
 かつて炭鉱で栄えた三笠市は、現在、石炭に替わり「化石のまち」として知られている。1976(昭和51)年に桂沢湖付近から「エゾミカサリュウ」の頭の化石が発見され、翌年には天然記念物に指定。それを記念して、以前からあった郷土資料館が市立博物館に生まれ変わってオープンした。

 館内にはエゾミカサリュウをはじめ、多種多様なアンモナイトや、そのアンモナイトを食べていたというモササウルス、草食恐竜ノドサウルスなど、貴重な化石が1000点以上も並ぶ。白亜紀の化石がこれほど充実した施設は世界でもめずらしいだろう。

 展示室に入ると、巨大アンモナイトの群れが大迫力で迎えてくれる。ここにあるアンモナイトは、すべて素手でさわることができる。ゴツゴツ、デコボコ、ツルツル。まずはさまざまな手触りを楽しむ。
 さて、これらの化石をそのまま見るか、イカのよう軟体部を想像しながら見るかで、その印象は全くちがってくる。ぜひとも、殻から足がニョロニョロと生えている姿を想像してみよう。かつてここは温かな大海で、大型爬虫類やアンモナイトなどが泳ぎ回っていたのだ。そう思うだけで、静かな館内が急に活気づいてくるようだ。

展示室1は「古生物・地質」の部屋
展示室1は「古生物・地質」の部屋。
このほか石炭産業や郷土出身者の足跡、森林資料展示室など、展示室5まである。


大型アンモナイト エゾミカサリュウ モササウルス
大型アンモナイト
地元の愛好家が寄贈した化石も数多く展示されている。どれも見事な自然の造形美。
エゾミカサリュウ
1975年、三笠市の幾春別川で発見された。鋭い歯が並んでいることから、肉食爬虫類と考えられている。
モササウルス
別名「ウミトカゲ」ともよばれる大型の海生肉食爬虫類。全長4.5メートル。

ノドサウルス
ノドサウルス
1996年、夕張で見つかった白亜紀の草食恐竜。今まで北米などで発見されていたが、アジアでの発見は初めて。
クリーニングの道具
化石発掘と発掘後のクリーニングに使うさまざまな道具。
イノセラムス
白亜紀の巨大な二枚貝イノセラムスと、博物館学芸員の栗原さん。とても詳しく説明してくださった。アンモナイトのことなら何でも教えてくれる。


 帰り道、市内にある「民宿アンモナイト」におじゃました。
 宿のご主人・角田清治さんは、化石発掘歴40年をほこる大ベテランだ。「これが初めて掘ったアンモナイトです」と見せてくれたのは、直径30センチ以上の立派な化石。暖炉の上にも、階段の途中にも、自慢のアンモナイトが並んでいる。自宅の倉庫には、まだ1000点もの化石が大事に保管されているという。この民宿に泊まったら、きっと夢にもアンモナイトが出てくるだろう。
 そんな角田さんだが、掘りはじめた当初は「山菜のついでに化石も探す」というくらいの気持ちだった。それがいつしか「いいのが出るとうれしくて」つい熱が入り、今や化石見学ツアーの案内をするほどに。
 「とっておきの場所に案内しますよ。人があまり行かないような、小さな沢がいいんです」
 でも、三笠の山奥の沢はまだまだ深い雪のなかである。
 あの山が緑に包まれるころ、また訪ねてみたいと思う。はるか1億年の昔、アンモナイトたちがゆうゆう泳いだ大きな海を思いながら。
「民宿アンモナイト」イメージ
民宿アンモナイトの角田さん


文・写真/編集部
取材協力/三笠市立博物館 栗原憲一さん


■三笠市のホームページ
http://www.city.mikasa.hokkaido.jp/

 
■三笠市立博物館
住所:北海道三笠市幾春別錦町1丁目212-1
電話:(01267)6-7545
開館:午前9時〜午後5時
休館:月(祝日のときは翌日)、冬季間(12〜3月)は月・祝日、年末年始(12/30〜1/3)、

[2004年・特別企画展のお知らせ]
●「なつかしき石炭の街」―模型でよみがえる炭鉱の暮らし―
4月24日(土)〜5月23日(日)
●「よみがえるアンモナイトの世界」―北海道のアンモナイト群集とその古生態―
7月17日(土)〜10月11日(祝)
※約1億年前の北海道の白亜紀を例に、当時の海洋環境とアンモナイトの生態などを展示します。
●自然観察講座
※年5回(6〜9月)、地層と化石の観察、標本制作など、野外で自然観察講座を開催しています。詳細はお問い合わせください。


 
■民宿アンモナイト
住所:北海道三笠市幸町6
電話:(01267)2-5252
URL:http://www.mikasa-ammonite.jp/ammonite/ammonite-main.html


前ページ 次ページ
北海道人トップページへ