北海道人・特集バックナンバー HOME バックナンバー一覧

特集 そりと角巻 --北国のなつかしい冬 北海道人トップページへ
イメージ
雪,北海道 現代の冬を支える道具たち
雪,北海道
 雪国の生活から生まれた道具の数々。姿かたちは時代とともに変わりましたが、その基本は今も昔も同じ、「冬の暮らしを過ごしやすく」することです。ここでは、現代の冬を支える道具や知恵をご紹介します。まだまだ沢山ありますが、北海道ももう少しで春の訪れが待ち遠しい季節です。このへんで、そろそろ今回の特集「そりと角巻」を終りにしたいと思います。

※画像クリックでイメージ拡大
たて型信号機 たて型信号機 砂箱
雪の多い地域では、たて型の信号機が多く使用される。横型だと、信号機の上にたくさん雪が積もり、その重みで壊れてしまうことがあるため。
たて型信号機
道路が凍結したときなどに使う「すべり止め用の砂」が入っている箱。交差点などに設置され、必要に応じて道路にまく。いろいろな形のものがある。
砂箱
防雪柵 防雪柵 雪崩予防柵 雪崩予防柵
冬道で風が強いと、積もった雪が道路に舞い上がり、ドライバーの視界がさえぎられてしまうことがある。そのため郊外の大きな道路には、風雪を防ぐための「防雪柵」が設置される。夏の間は折り畳んで収納するなど、景観にも配慮されている。
(写真提供:清和機械製作所)
防雪柵
道路ぎわの急な斜面など、雪崩の起きやすい場所に設置される。
(写真提供:北海道開発局 札幌開発建設部)
雪崩予防柵
矢羽根付きポール 矢羽根付きポール スノーポール スノーポール
道路の端を示すポールで、ドライバーに道路の形を知らせるほか、除雪作業の目印として使われる。道路面からの高さは標準で約5.0メートル。
(写真提供:北海道開発局 札幌開発建設部)
矢羽根付きポール
除雪作業はふつう夜間に行われるので、作業の目印のために、道路と道路外の境界に「スノーポール」が設置される。先端に反射板がついていて、車のライトが当たると光る。
(写真提供:北海道開発局 札幌開発建設部)
スノーポール
チェーン脱着場 チェーン脱着場 車のワイパーは立てておく 車のワイパーは立てておく
近年、市街地でタイヤチェーンをつけたまま走る車はあまり見かけない。ただし、凍結した峠や坂道などはスタッドレスタイヤだけでは危険。そこで、道路のわきにある「チェーン脱着場」でチェーンを装備する。脱着場がないときは、休憩所や駐車場など広い場所で。
(写真提供:北海道開発局 札幌開発建設部)
チェーン脱着場
冬の間、屋外に駐車するときは必ずワイパーを立てておく。こうすると、駐車中に雪が降ってもワイパーをすぐに動かすことができる。寒さで凍りつく心配もない。
車のワイパーは立てておく

▼除雪用のダンプなど<現代の雪道具>はこちらもごらんください。
http://www.hokkaido-jin.jp/issue/200202/tools_02.html 


←前のページへ