北海道人・特集バックナンバー HOME バックナンバー一覧

北海道人トップページへ
特集 産業遺産への旅 北海道人トップページへ

 産業遺産は建物や設備だけでなく、意外な形に姿を変えて残るものもあります。ここでは、各地の産業に由来しためずらしいお菓子を集めました。どれも地元ならではの工夫をが凝らされた驚きのお菓子です。

 北緯45度のまち、中頓別(なかとんべつ)町。このまちを流れる頓別川で砂金が発見されたのは、明治31年のことでした。一攫千金の夢を追う採掘者が全国から約2万人もやって来て、まちはにわかに活気づきました。その後、産出量は衰えたものの、今もわずかながら天然の砂金が採掘できます。このゴールドラッシュの歴史にちなんだお菓子が、金箔を練り込んだ極上の「砂金ようかん」です。丹念に練り上げられたようかんは、ひかえめな甘さで口当たりもなめらか。そしてキラリと金の輝きが楽しめます。

 かつて東洋一の技術を誇るといわれた炭鉱のまち、赤平市。映画にも登場した炭鉱遺産、旧住友赤平炭鉱立坑が残るこのまちには、石炭にちなんだお菓子があります。「塊炭飴(かいたんあめ)」というまるで石炭のような黒い飴です。昭和7年、炭鉱で活気あふれた時代に考案されました。塊炭とは、石炭の中でも特に大きく火力が強いもののこと。形が塊炭にそっくりな上に、飴を煮つめるときに燃料として使っていたため、こう名付けられました。口に入れるとニッキの味と香りがスーッと広がり、爽快感につつまれます。

 全国でも屈指のれんが生産地、江別市。その歴史は古く、明治24年に江別太煉化石製造所ができたのがはじまりとされています。「煉化もち」は、まちの煉瓦工場で働く人を相手に雑貨商をはじめた佐野利吉氏が、明治34年に考案。商品名は「煉瓦の瓦は食べられないけれど、瓦が化けたら食べられる」という発想からつけられました。以来、地元ではすっかり名産品に。お餅から透きとおって見えるあんに、ついつい手がのびてしまいます。食べやすいひとくちサイズです。

 ニシン漁で栄えたまち、留萌市。その留萌に多くの観光客を呼んだのが「C11-171」という機関車です。1999年のNHK連続テレビ小説に登場し、SLブームに火をつけました。番組の人気にあやかり、舞台となった留萌沿線で「SLすずらん号」として運行されることになりました。運行を記念して発売されたのがこのお菓子です。SLをかたどったサブレには「C11」と焼き印が入り、クリームがサンドされています。素朴なサブレとクリームの味わいがどこか懐かしさを感じさせます。

 道内唯一のセメント工場があるまち、上磯(かみいそ)町。かつて北海道にあった多くの鉱山は衰退していきましたが、上磯のセメント工場は、豊富な埋蔵量をもつ石灰鉱山を背景に今も健在です。工場は明治23年に設立され、それまで農業漁業が中心だったまちの自慢がひとつ増えました。まちを代表する産業にちなんで発売されたのが「セメンぶくろ」というお菓子です。セメントの入った袋をイメージしたこの最中は、小豆の風味が活きたあんの中にお餅が入り、とても上品な味わいです。

 

  <<目次に戻る