北海道人・特集バックナンバー HOME バックナンバー一覧

  北海道人トップページへ
特集 ふるさとのご馳走
  くじら汁――海の民が伝えた伝統の食文化
くじら肉 正月が近くなると北海道各地の市場やスーパーマーケットで、不思議な食材に出会うことがある。黒い皮の付いた白い脂身。くじらの本皮と呼ばれる部分である。
 このくじらの脂身を使い、正月の「くじら汁」が作られる。
 くじら汁とは、くじらの脂身が入ったけんちん汁と思っていただけばいい。ブロックで売られているくじらの脂身を短冊に切り、湯通しして脂や塩を抜き、大根、ニンジン、ゴボウ、フキ、ネギなどの野菜と一緒に醤油味のけんちん汁風に仕立てる。地域や家庭によって、入れる具も少しずつ異なる。 
 このくじらの脂身のクセの強さは、慣れていない人にはとっつきにくい。逆に、子供のころから食べ慣れている人にとっては忘れられない思い出の味だ。
 全国各地から移住者が集まった北海道のこと、もちろんどの家でも食べる習慣があるわけではない。
 くじら汁が食べられていたのは、もともと道南地方から道北地方にかけての日本海沿岸が中心で、いまもこの地方で根強い。かつて鰊漁で栄え、多くの鰊番屋が立ち並び、独特の文化をかたちづくっていた地域である。同じ北海道でも開拓期以前の長い歴史を持ち、浜言葉と呼ばれる独特の方言があり、風俗・習慣は津軽・下北をはじめとする東北地方の漁村部の影響が強かった。北海道の文化の多様性や重層性のひとつである。
くじら汁 くじら汁は一年中食べられることもあるが、とりわけこの地方で正月のハレの料理となったのは、鰊漁との関係がいわれている。くじらは、鰊を浜に追ってくる豊漁のシンボルと言い伝えられ、「恵比寿」と呼ばれた。鰊漁の漁期にはくじらを食べず、正月のくじら汁には大漁を願う意味がこめられていたという。
 もともとくじら汁自体は、広く全国各地に分布している。
 新潟県や山形県などに行くと、夏が旬の食べ物になる。同じ本皮を使う料理だが、それに夏野菜のナスやユウガオが入る。味付けは味噌味や塩味が多いようだ。ハレの食として食べる風習は、東北地方北部や五島列島など西日本にもあり、海民の文化の広がりを感じずにはいられない。
 北の海の民が伝えたくじら汁。商業捕鯨が禁止されて以来、くじらを食べることへの風あたりは強いが、くじら汁は、いまも大切な食文化として、その伝統を伝える北海道の家庭の食卓を静かににぎわせている。


<< 目次に戻る