北海道人・特集バックナンバー HOME バックナンバー一覧

  北海道人トップページへ   特集 ふるさとのご馳走
  二つの海流が出会う、豊かな海からの贈り物 苫前のカスベ

 
 
苫前


苫前,漁港


苫前,小西均
小西均さん


マカスベ,缶詰


カスベ,マカスベ


苫前,川島和明
川島和明さん
 
苫前港へマカスベを求めて
 カスベのちょうど左目あたりにある、カスベの産地・苫前町。海岸線に立ち並ぶ大きな風車が海からの強風で勢いよく回っている。苫前は、日本で最も風力発電のさかんなまちだ。
 苫前沖には天売と焼尻の2つの島があり、南から北上してくる海流はこの2島に阻まれて大きくUターンする。同じく、北から南下してくる海流もUターンする。そのため苫前は、南と北の両方の魚貝が水揚げされる豊かな漁場となる。また、島があるおかげで厳しい風が和らぎ、南北2種類のマガレイがここまで来て産卵するという。
 恵まれた地形と気候を活かして古くから漁港として栄えている。

 さて、北海道でとれるカスベには「マカスベ」と「ミズカスベ」があり、見分けるのは非常に難しい。ただしマカスベのほうがずっと値段が高く、肉質がしまって濃厚な味わい。苫前で揚がるのはほとんどがマカスベだ。苫前産は特に肉厚で、もっともおいしいのは10月から翌年3月、寒さにそなえて脂肪をたっぷりと蓄えている。
 ふだん魚屋に並ぶのはハネの切身がほとんどだが、その他の部分もおいしく食べられる。まず口の両側の「ホッペ」のところ、量が少ないため市場にはあまり出ないが、フライなどにするとよい。程よく弾力があってハネとは違う上品な味わいだ。「ドンガラ」と呼ぶ背骨部分は干して白菜の漬物に使うほか、酒の肴としても珍重される。

 早朝さっそく漁港へ向かった。
 しかし、あいにくのシケのため漁は休み。まるのまま、水揚げされたばかりのカスベを見たかったが…残念。
 苫前漁業協同組合を訪ねると、甘エビ、ホタテ、ヒラメなどの鮮魚販売と加工品の出荷を担当する、小西均さんが笑顔で迎えてくれた。「この天気じゃ船は出ないからね。でも、苫前はマカスベだけじゃないよ。婦人部の協力で苫前漁協のオリジナル商品がたくさん出ているんだからさぁ」と小西さんはいう。
 カスベやカレイ、ウニなど苫前でとれた海の幸の缶詰「浜のかあさんの味シリーズ」をはじめ、ハッカクのむき身など苫前漁協の自慢の品を紹介してくれた。
 これらの加工品は思わぬピンチから始まったという。大量に網にかかった小ぶりのハッカク、表面が傷んでしまったカスベ。市場にも出せず、小西さんたちは悩みに悩んだ。そこで動いたのが婦人部に所属する「浜の母さん達」だった。
 カスベは甘く煮付けて小さな缶詰めにし、ハッカクは頭とワタをとり、皮をむいて冷凍した。町内で販売してみると反応は上々で、時期によっては品切れになることもある。
 「母さん達の力は大きいよ。父さんだけじゃダメさ」と小西さんは謙虚に笑う。
 「これからは新鮮だからおいしいとか、そう単純にいく時代じゃない。どれだけ町全体が真剣に取り組んでいるかが大切だと思うよ。港でとれたものを、みんなで協力して土地独自の商品を作る。ピンチはチャンス、これがうちのモットーだね」。




伝統の味、新しい味―マカスベ料理
 港ですっかり寒くなり、だんだんお腹もすいてきた。マカスベ料理を求めて、「とままえ温泉ふわっと」にあるレストランへ足を運ぶ。料理長・川島和明さんが、宴会メニューで登場する「カスベの南蛮漬け」と定番の「カスベの煮こごり」を作ってくれた。

マカスベ料理>>

 以前、札幌のホテルでシェフをしていた川島さんは「目の前でとれた新鮮な魚貝を、存分に使えるのは最高です」という。レストランには地元の人たちも大勢やって来る。漁協などの宴会が開かれることも多い。
 「そういうときに、南蛮漬けとか、あんかけ風とか、家では絶対に作らないメニューを出すんですよ。すると、『食べ飽きていたカスベだけど、こんな食べ方もあるんだな』と喜んでもらえる。それがうれしいですね」
 一方、観光で来たお客さんにはスタンダードなメニューが欠かせない。カスベの煮こごり、タコや甘エビを盛り込んだ旬のお造り、焼き魚など、苫前を満喫できる定食を『苫前セット』(1500円)として出している。
 若々しい川島さんが最後に一言。「港でとれたカスベやカレイの煮付けは、長年作っている地元のお母さんには、まだかなわないなぁ」
 苫前のスローフードをたくましく支えているのは、やっぱり母さん達なのだ。


※マカスベ:
エイの仲間、ガンギエイ科。「メガネカスベ」とよばれる。皮をむく前 は表も裏も濃い褐色で、体長は約1メートルにおよぶ。北海道から東シナ海に分布 し、沿岸から100メートルより浅い海にすむ。
マカスベ
<写真提供・北海道立中央水産試験場>


アブラガレイの珍味 苫前で見つけたお土産

・アブラガレイの珍味
風のまち・苫前では干物づくりが盛んで、漁協でもさまざまな干物を作っている。苫前名産アブラガレイの珍味は脂がのって酒の肴にもぴったり/苫前漁業協同組合冷蔵庫で購入(とままえ温泉ふわっと内売店でも購入できる。


リンク&情報

・苫前町
 http://www.voicenet.co.jp/ ̄tomamae/

・苫前漁業協同組合
 苫前郡苫前町字苫前85
 電話 01646-4-2446
 FAX 01646-4-2845

・とままえ温泉ふわっと
 苫前郡苫前町字苫前119-1
 電話 01646-4-2810
 http://www.2810.co.jp/



4/4
<<目次に戻る