北海道人・特集バックナンバー HOME バックナンバー一覧

  [特集]鮭ものがたり 大地と海と神と 北海道人トップページへ
  サケ図鑑 サケの仲間たち サケの一生
  リード

  サケ,マス,仲間分類 サケ科,タイヘイヨウサケ属

シロザケ,サケ
シロザケ,サケ
学名:Oncorhynchus keta
英名:chum salmon,chum,dog salmon
「サケ」「シャケ」「アキアジ(秋味)」と呼ばれる、最もポピュラーなサケ。日本の河川に遡上するシロザケは、ほとんどが人工的にふ化放流されたものです。
○ワンポイント情報
春から初夏にかけて、北海道沿岸で漁獲される時期外れのシロザケは「トキシラズ(時不知)」、「トキザケ(時鮭)」と呼ばれ、脂がのっていておいしいことから珍重されています。秋に出回る「ギンケ(銀毛)」は、生まれた河川に帰る途中の沿岸で体が銀色の時に漁獲されます。また、最も美味な幻のサケ「ケイジ(鮭児)」は実は未熟なサケで、エサを求めて回遊中に、産卵するために日本へ帰るサケの集団に混ざって沿岸で漁獲されます。「メジカ」は、本州の河川に戻る途中のサケが、手前の北海道・東北沿岸で漁獲されたもの。

  カラフトマス
カラフトマス
学名:Oncorhynchus gorbuscha
英名:pink salmon,pink, humpback salmon,humpback
サケ・マス類の中では体が小さく、全長約50cm程度です。他のサケ・マス類と比べると、生まれた川へ帰ってくる性質は低く、放流したうちの約60%しか帰ってきません。オホーツク沿岸や根室海峡沿岸で多く漁獲されます。
○ワンポイント情報
初夏から初秋にかけて出回るカラフトマスは、「マス」、「アオマス(青鱒)」、「セッパリマス(背張鱒)」、「オホーツクサーモン」とも。その多くが、缶詰に加工されます。

ギンザケ
学名:Oncorhynchus kisutch
英名:coho salmon,coho,silver salmon,blueback
体の側面が銀色に輝き、小さな黒い斑点が散在しています。日本への来遊は少なく、北海道では迷い魚が尻別川や遊楽部川などに遡上したことがある程度です。
○ワンポイント情報
「ギン」、「ギンザケ(銀鮭)」とも呼ばれるギンザケ。ほぼ一年中出回っていますが、漁獲されるのは北米など限られた地域だけで、大半は養殖モノです。

サクラマス,ヤマメ
サクラマス,ヤマメ
学名:Oncorhynchus masou masou
英名:masu salmon,cherry salmon
海へ下り成長するものをサクラマスと呼び、降海前の幼魚と、海へ下らず河川に残るものをヤマメと呼びます。成熟すると、サクラマスはその名の通り体が桜色になりますが、ヤマメにはパーマーク(小判場の模様)が残ります。
○ワンポイント情報
「マス」、「ホンマス」とも呼ばれるサクラマス。なかでも、口のまわりが黒いものは「クチグロ」と呼ばれています。北海道で漁獲が多いのは道南・日本海沿岸で、冬〜春にかけてよく出回ります。

ベニザケ,ヒメマス
ベニザケ,ヒメマス
学名:Oncorhynchus nerka
英名:sockeye salmon,red salmon,blueback salmon,kokanee
河川に遡上して産卵期を迎えると、頭以外が真っ赤になります。「ヒメマス」と呼ばれるのは湖に住んでいるベニザケのことで、国内では阿寒湖とチミケップ湖などでしか自然には分布していません。
○ワンポイント情報
ほぼ年中食べられるベニザケは、「ベニザケ(紅鮭)」、「ベニ」と呼ばれています。主に北米などで漁獲され、日本に輸入されています。

マスノスケ
学名:Oncorhynchus tshawytscha
英名:chinook salmon,chinook,king salmon,spring salmon
太平洋に分布するサケ・マス類のなかで最も大きくなる魚種。中には全長1.5mに達するものもいます。
○ワンポイント情報
「キングサーモン」、「スケ」、「マスノスケ」、「オオスケ(大助・大介)」と呼ばれる。北海道の太平洋沿岸で漁獲されるマスノスケは、春から初夏が旬。エサを求めて回遊してきた外国生まれのサケがほとんどです。

ニジマス
学名:Oncorhynchus mykiss
英名:rainbow trout(陸封型),steelhead trout(降海型)
体の側部に虹色に輝く帯状の部分があることから、この名前がつきました。1926年から3年間、摩周湖へ放流したことを機に、現在では全道各地の河川や湖に放流されています。
○ワンポイント情報
「トラウトサーモン」、「サーモントラウト」、「ニジマス(虹鱒)」、「ドナルドソン」という呼び名も。国内外の湖や海で、さかんに養殖されています。

  サケ科,タイセイヨウサケ属

  ブラウントラウト
学名:Salmo trutta
英名:brown trout
日高地方の新冠湖や糠平湖をはじめ、いくつかの河川に放流されている淡水魚。淡水魚のなかでもとりわけ成長が速く、放流後数年で70cm以上の超大物になっていることも珍しくないそうです。


  サケ科,イワナ属

  アメマス,エゾイワナ

アメマス,エゾイワナ
学名:Salvelinus leucomaenis
英名:whitespotted charr
一生を淡水で過ごすものと、2歳ごろになると海で生活し始めるものとがいます。海で生活するアメマスの大半は5歳目の秋に河川に遡上し、産卵します。その後、多くのものは死亡することなく数年にわたり産卵を繰り返します。日高地方の河川の源流部には、今でも60cmを越す大物が生息しているとか。アイヌ民話に登場するアメマスは非常に巨大で、地震や山津波をおこす元凶だとも語られています。

カワマス
カワマス
学名:Salvelinus fontinalis
英名:brook trout,brook charr,speckled trout
北米北東部が原産の淡水魚で、1902年にアメリカのコロラド州から受精卵を取り寄せて日本で繁殖させました。湖や海に下る性質もありますが、北海道では河川の上流域でのみ生息。根室地方のほぼ中心部を流れる西別川の上流など、限られた河川で天然繁殖しているといわれています。
オショロコマ
オショロコマ
学名:Salvelinus malma malma
英名:Dolly Varden,Dolly Varden charr
北海道では、道南の狩場山以北で、道東の知床半島のような山岳地帯に生息。通常は30cm程度までしか成長しませんが、国外では127cmものオショロコマが発見されたという記録もあります。道東の然別湖とそこに注ぐ河川には、オショロコマの亜種(※)にあたる「ミヤベイワナ」が分布。ミヤベイワナは学術的に貴重なため、天然記念物に指定されています。
  ※亜種 おなじ種類でも、姿や生活様式が違う地方的な集団のこと。

  サケ科,イトウ属

  イトウ
イトウ
学名:Hucho perryi
英名:Sakhalin taimen, Japanese huchen
日本最大の淡水魚で、1937年に十勝川で全長約2.1mのイトウが捕獲されたという記録があります。主な生息地は、道北のサロベツ川、声問川、猿払川、猿骨川、朱鞠内湖、道東の斜里川、風連川、別寒辺牛川、道南の尻別川、南富良野の金山湖など。近年は生息数と生息場所が激減してしまい、「幻の魚」とも呼ばれています。

 
監修:札幌豊平川さけ科学館
写真提供:札幌豊平川さけ科学館、高山肇
イラスト提供(シロザケ以外): 札幌豊平川さけ科学館
※掲載写真・イラストの無断複製、転載を禁止いたします。

  サケの一生