HOME > 北海道人特集−「となりの北海道人」 ページ2

北海道人特集−「となりの北海道人」
文・写真/大藤紀美枝

引退後も個性に合った環境でいきいきと

自力歩行が難しくなったため、胴輪を着け、辻さんに体を支えてもらって歩行訓練をするリック

自力歩行が難しくなったため、胴輪を着け、辻さんに体を支えてもらって歩行訓練をするリック

――老犬ホームには、現在、何頭いるのですか。

 「常時いるのはリックとエールの2頭です。引退した盲導犬の大部分は老犬飼育委託家庭(ボランティア)に預けられますが、子犬時代を過ごしたパピーウォーカーに委託されることもあれば、ユーザーさんが次の盲導犬を利用しない場合はユーザーさんに飼い犬として引き取られることもあります。老犬ホームで引き取るのは、病気で委託できない場合や委託家庭が何らかの事情で飼育できなくなった場合です。エールは健康体でしたが元ユーザーさんのたっての希望で老犬ホームで暮らすことになりました。リックは繁殖犬を引退したあと、ボランティアさんに飼育委託されていました。ところが、病気になって管理が難しくなったので老犬ホームで引き取りました」

――引退後の住環境はさまざまですね。

 「ええ。盲導犬といえども1頭1頭、性格も身体状況も異なります。北海道盲導犬協会では、引退後も最も適した環境で暮らせるよう最善を尽くします。エールは、彼の性格からして多頭飼いとなる老犬ホームの環境が負担にならないと判断しました。ラブラドルは無邪気に喜びを表しますが、ゴールデンの血が入ることで幾分抑制されます。そうしたF1の中でもエールは特に感情を表に出さないタイプで、人間に迎合することもありません。飼い主とのべったりした関係を望まないので、さまざまな人が入れ替わり携わる老犬ホームで、マイペースを貫き、のんびり暮らしています」

一頭の犬から学んだことを次の犬に生かす

辻さんをはじめ、介護するみんなの目が行き届くフロア中央がリックの居場所。エールも寄って来てその仲間に

辻さんをはじめ、介護するみんなの目が行き届くフロア中央がリックの居場所。エールも寄って来てその仲間に

――老犬ホームはどのように運営されているのですか。

 「24時間体制を整え、日中は私、2名のパート職員、登録ボランティアの方々が、また夜間は他の職員や3名のパート職員が交替で飼養・管理にあたっています。一日中、衰弱した犬が点滴することがありますけれども、そうした場合にかぎらず、だれかが必ず見守っている環境を維持しています。犬たちの食事は通常1日2回、散歩はボランティアさんに1頭ずつ連れて行ってもらい、体拭きやブラッシングなどもお願いしています」

――盲導犬の老犬ホームは前例がなかったそうですね。

 「ええ。1978年に世界ではじめて北海道盲導犬協会内に設けられました。それは盲導犬を引退した後の犬の生活環境を整えると同時に、ユーザーさんが安心して手放し、再会できる環境を整える必要があると考えたからです。子犬時代から知っている職員が管理にあたり、いつでも連絡がとれ、気軽に犬に会うことができる。いずれも元ユーザーさんにとって大切な要素です」

――日々、老犬に接して思うことは。

 「元来、犬の世話が大好きで、さまざまな個性との出会いが大きな楽しみになっています。委託は犬の幸せを願ってのことですから笑顔で見送ることができますが、死別は悲しく辛いです。この仕事に就いて20年、犬たちが死を迎えるまでに私にできることは何か深く考えるようになりました。一頭の犬から学んだことを次の犬の飼育・管理につなげていきたい。心からそう思います」

このページの先頭へ


特集メニュー

特集・連載バックナンバー

  • ▽北海道人の過去特集はこちらからご覧いただけます
    特集・連載バックナンバーへ