HOME >北海道人―「私の好きな店」File No.9 「さっぽろ浪花亭(なにわてい)」―和食―

イタリア料理店「Sagra」の店主・村井さんの「私の好きな店」をご紹介します。

メニューの一例

・昼のこんだて 950円〜
・夜のこんだて(税別)
北海道コース 6,300円〜15,000円まで5コース
季節のおまかせコース 6,000円〜15,000円まで5コース
<一品料理>
たき出し(前菜)
六品盛り合わせ 1,300円
みがきにしん 800円
生ゆば 500円
・焼き物
きんき 4,500円
時鮭(4月〜9月)1,500円
お造り
活えびあわび 2,500円
ルイベ 1,500円
・酢の物
トマトの三杯酢サラダ 600円
・陶板焼き
和風ヒレステーキ(醤油) 9,500円
網焼きヒレステーキ(ブランデー) 9,500円

 1962年(昭和37年)に創業した「さっぽろ浪花亭」は、食にうるさい人びとが足繁く通う店である。遠来の客をもてなすために利用する人も多いとっておきの店でもある。現在は二代目の村井弘治さんが店主をつとめ、母親・弟さんとともに店に立つ。

 村井さんの先代は夫婦で大阪から札幌に移り住み、関西料理の店を出した。看板の“浪花”の文字を見て関西からの客が訪れた。客の要望もあって、徐々に北海道の食材をたくさん使うようになった「さっぽろ浪花亭」は、“関西料理の技”と“北海道の食材”のコラボレーションがいまでは同店の特長のひとつになっている。京都で料理の勉強をした村井さんは京都の食材、福岡で修行した弟さんは九州の食材をよく知っている。だから、はもやおこぜなどを使った料理も口にすることができるのだ。

 「もっちりニョッキのトマトスープ」「たらばのカプレーゼ」など、独創的な料理が供される「今日の一品」は、「二度と作らない料理、一度しか出さない料理」だという。村井さんをふくめて5人の料理人が毎日それぞれ一品ずつ創作料理を考え、5つのうちの一つを「今日の一品」として出す。
 「料理を考え、調べることが勉強になるんです。この食材にこんな調味料の取り合わせがあるんだと驚くこともあります。みんな楽しんでやっています。料理人が楽しまないと、お客さんも楽しめないと思います」

 村井さんのおすすめ料理は店のスタンダードな二品。和食料理店でありながらロングセラーをつづける「牛ヒレステーキ」。最高級A5・A4ランクの和牛を200グラム以上使ったぜいたくなものである。「トマトの三杯酢サラダ」は、奈井江町や静岡産の濃厚な味のトマトにダシを効かせた三杯酢でいただく上品な一品。堂々とトマトが主役を演じ、ご馳走になるのは老舗の技があってこそだろう。

 “持ち帰りたい”という客のリクエストから商品化にいたったものもある。「のむトマト酢」や「雪ミルク」などがそれで、「北のおみや」というブランド名で売られている。また、店の看板メニューである「トマトの三杯酢サラダ」や「のむトマト酢」は、JALのファーストクラスの機内食として近々お目見えする予定。
 村井さんが好きなのは、「本業を忘れることなく」という言葉である。自分に言い聞かせるようなこの言葉に、ピンと伸びた老舗の背筋のようなものを感じた。

 店主から一言

 本格的な和食を食べに来ていただきたいと思います。高級店に恥じない接客につとめております。そんな気持ちで日夜料理をつくっています。

※次回は浪花亭店主・村井さんの「私の好きな店」をご紹介します。

―和食―

さっぽろ浪花亭(なにわてい)

住所 札幌市中央区南4条西4丁目7
   松岡ビル 1F
電話 011-231-7280
営業時間 昼 11:30〜14:00(13:30…ラストオーダー)
     夜 17:00〜22:00(21:30…ラストオーダー)
定休日 日曜・祝日
席数 カウンター14席、個室5部屋(3名〜25名)
最寄り駅 地下鉄南北線すすきの駅から徒歩1分 MAP

このページの先頭へ