本◆北海道を知る100冊 北海道人トップページへ
<84> 大崎善生 著 『聖の青春』
『聖の青春』大崎善生 著

『聖の青春
大崎善生 著
 講談社文庫
 2002年5月発行
 本体  648円
ISBN4-06-273424-9

 
◎北海道出身の著者による感動のノンフィクション

 ここでもとりあげた札幌在住の渡辺一史さんの『こんな夜更けにバナナかよ』(北海道新聞社刊)が、講談社ノンフィクション賞を受賞したというニュースがとびこんできた。
 実は、講談社ノンフィクション賞は、平成12年度のドウス昌代『イサム・ノグチ 宿命の越境者』、13年度の大崎善生『将棋の子』、14年度斉藤道雄『悩む力』、そして15年度が『こんな夜更けにバナナかよ』と、4年連続で北海道関連の本や著者が受賞したことになる。
 このなかで、本コーナーでこれまで唯一紹介していなかったのが、大崎善生である。
 大崎善生は、札幌市生まれ。将棋連盟に入職し、十数年にわたり雑誌『将棋マガジン』の編集者や『将棋世界』の編集長として、棋士や棋界を見続けてきた。そこから生まれた作品が、上記の『将棋の子』であり、そして彼のデビュー作である本書『聖の青春』である。
 大崎善生は、この『聖の青春』で鮮烈なデビューを飾り、第13回新潮学芸賞を受賞。初の小説作品『パイロットフィッシュ』では吉川英治文学新人賞を受賞するなど、数々の賞にかがやいている。
 
 本書は、平成10年、29歳の若さで亡くなったA級棋士・村山聖(むらやまさとし)の短く熾烈な生涯を描いたノンフィクションである。村山は、幼くしてネフローゼを患い、病とたたかいながら、病院のベッドで将棋を覚える。中学生で真剣師として知られた小池重明を破るなど、少年時代から怪童として知られるようになる。病を抱えながら、親元を離れ、森信雄の内弟子となり、奨励会の段位を上り詰めていく。
 羽生善治など若手の出現で激動する将棋界。そのなかで、ただひたすら極限まで、勝つことに自分の生を燃やす村山聖と、彼を見守る森信雄の深い師弟愛。その物語は、やがて村山の死というクライマックスへ向かっていく。
 
 読み終えた後に誰もが深い感動に包まれるにちがいない。
 大崎善生のストーリーテラーとしての力は、この処女作に見事に結実している。

バックナンバー
100 佐藤正午 著
『象を洗う』
099 永倉新八 著
『新撰組顛末記』
098 村上 龍 著
『希望の国のエクソダス』
097 石川啄木 著
『啄木歌集』
096 小林英樹 著
『色彩浴』
095 三國清三 著
『料理の哲学』
094 斉藤征義 著
『宇宙船売却』
093 きらん出版会 編・刊
『きらん 魅惑の室蘭・胆振ガイド』
092 井内佳津恵 著
『田上義也と札幌モダニズム』
091 村上春樹 著
『羊をめぐる冒険』上・下
090 『faura』
089 新穂栄蔵 著
『ストーブ博物館』
088 司馬遼太郎 著
『街道をゆく38 オホーツク街道』
087 『北海道かるた 方言編』
086 池澤夏樹 著
『静かな大地』
085 小檜山博 著
『出刃』
084 大崎善生 著
『聖の青春』
083 『女性史研究ほっかいどう』
082 松原 仁 著
『鉄腕アトムは実現できるか?』
081 沢木耕太郎 著
『沢木耕太郎ノンフィクション4 オン・ザ・ボーダー』

061-080
041-060
021-040
001-020