本◆北海道を知る100冊 北海道人トップページへ
<81>  沢木耕太郎 著 『沢木耕太郎ノンフィクション4  オン・ザ・ボーダー』
『沢木耕太郎ノンフィクション4 オン・ザ・ボーダー』沢木耕太郎 著

『沢木耕太郎ノンフィクション4 オン・ザ・ボーダー』
沢木耕太郎 著
 文藝春秋 刊
 2003年6月 発行
 本体 1,905円
ISBN4-16-364880-1
 
◎境界を旅する沢木耕太郎の原点
 人を旅へ誘い、旅の共をする本は、いろいろある。
 中高年世代は、圧倒的に司馬遼太郎だろうが、若い世代にとっては、なんといっても沢木耕太郎だろう。『深夜特急』の衝撃<インパクト>は、ひとつの時代を画したものと考えていい。
 個人的には、彼の写真集『天涯』のシリーズが好きだ。まるで『深夜特急』の世界を写し取ったような光と影の様がいい。

 1947年生まれ。もはや50代を半ばにした沢木耕太郎の仕事を、70年代の同時代から読み継いできた。当時は彼も20代から30代の先鋭的な書き手だった。78年の『テロルの決算』の大宅壮一ノンフィクション賞は、まさに与えられるべくして与えられたものだった。
 そんな沢木が、1974年の『文藝春秋』に北海道のことを書いている。それが本書に掲載された「ロシアを望む岬」である。
 沖縄の与那国島の「国境」をルポした初めての長編「視えない共和国」ののち、沢木は北の国境をめざす。北方領土を望む根室で、沢木は単純な「領土返還」の構図だけではない、複雑きわまりない現地の事情に出会う。様々な人の話を聞き、書く。ノンフィクションライターの資質のひとつは、人の話を聞くのが好きなことだと、いみじくも本人が後書きで書いているように、ひたすら人の話を聞いている。

 若々しい荒削りのルポだが、彼の作品集に収められた意味は、この「境界」こそが作家・沢木耕太郎の原点だからだろう。短編紀行を集めた本書に「オン・ザ・ボーダー」というタイトルが付けられているのも、そのためだ。
 人は常に境界を旅する。それは実際の境界であるだけでなく、自分と世界との境界であり、自分が体現する文化と異文化の境界でもある。ボーダーとは、常に人の内側にある。だから旅とは境界<ボーダー>の精神をふるわせるものなのだ。
バックナンバー
100 佐藤正午 著
『象を洗う』
099 永倉新八 著
『新撰組顛末記』
098 村上 龍 著
『希望の国のエクソダス』
097 石川啄木 著
『啄木歌集』
096 小林英樹 著
『色彩浴』
095 三國清三 著
『料理の哲学』
094 斉藤征義 著
『宇宙船売却』
093 きらん出版会 編・刊
『きらん 魅惑の室蘭・胆振ガイド』
092 井内佳津恵 著
『田上義也と札幌モダニズム』
091 村上春樹 著
『羊をめぐる冒険』上・下
090 『faura』
089 新穂栄蔵 著
『ストーブ博物館』
088 司馬遼太郎 著
『街道をゆく38 オホーツク街道』
087 『北海道かるた 方言編』
086 池澤夏樹 著
『静かな大地』
085 小檜山博 著
『出刃』
084 大崎善生 著
『聖の青春』
083 『女性史研究ほっかいどう』
082 松原 仁 著
『鉄腕アトムは実現できるか?』
081 沢木耕太郎 著
『沢木耕太郎ノンフィクション4 オン・ザ・ボーダー』

061-080
041-060
021-040
001-020