道北・遠別発
四季の便り〜人・まち・風景

旬の実り

2012.08.20

「遠別町ではハウスも含めると、たいていの野菜は育てられるよ」
とは、農家さんのお言葉。
「しかも、もともと冷涼な気候なので虫も少ない。遠別の野菜は、減農薬がベーシック」
と笑う姿には、生産者としての自信が感じとれます。

毎週日曜日に道の駅で開かれる青空市場「花菜夢」には、その言葉のとおり、様々な旬の野菜がならびます。中には、他ではあまり見られないようなものもあって、さながら野菜の見本市のようです。

春野菜、夏野菜などの言葉もあるように、野菜それぞれに旬があることは知識としては知っていましたが、実感するようになったのは市場に通うようになってからです。

「○○がならぶのはいつ頃?」「これはどうやって食べるの?」と、育てた人に直にお話しを聞くことができるのも魅力の一つでしょう。遠くから毎年、野菜を買いに来ているという人も、よく耳にします。

実際、ものを眺めているだけでも面白いですし、ニューフェイスの野菜を見かけたときは、つい手が伸びてしまいます。遠別に住むようになってから、野菜を食べる機会がぐんと増えました。

市場が開くのは6月~10月の間。春は緑々していた陳列棚も、今は赤、黄、白などカラフルな色が目立ちます。スイカ、メロン、カボチャなどの大生り物も、ならぶようになりました。

今週末の8月26日(日)には、JAオロロン主催の「遠別農業まつり」も開かれます。ぜひ、一度お立ち寄りください。






【写真提供】 遠別町役場

※関連HP
【フレッシュ市場 花菜夢】(るもいfan内)
http://rumoifan.net/shokupedia/index.php?title=%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%80%8C%E8%8A%B1%E8%8F%9C%E5%A4%A2%EF%BD%A3

【遠別農業まつり】
https://h-happytown.jp/eventdata/?id=50-01-7069

過去のイベントの様子については、個人ブログ「居酒屋なんでやねん」でも紹介されています。
http://pub.ne.jp/momotin/?search=1300&mode_find=word&keyword=%E8%BE%B2%E6%A5%AD%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%82%8A

佐々木伸宏

佐々木伸宏

遠別町地域おこし協力隊
1974年札幌市生まれ。2011年4月から遠別町に移住、「地域おこし協力隊」の一員として、高齢者の生活支援などの地域協力活動に取り組んでいます。


遠別町地域おこし協力隊HP
http://www.town.embetsu.hokkaido.jp/kyouryokutaiHP/

前へ | 新着順一覧 | 次へ

この記事を知らせる

ブックマークする