道北・遠別発
四季の便り〜人・まち・風景

遠別のおまつり

2012.07.24

7月15日は、遠別神社の例大祭でした。
この日は、町中には屋台が、家の車庫にはBBQセットがならび、大人も子どもも盛りあがります。


遠別町には現在、町の中心部にある遠別神社も併せて、11の神社があります。
地域ごとに建てられた神社の由来、奉じる神様はそれぞれ異なり、遠別にある神社の本社として、町史には以下の社名があげられています。

 鳥海山大物忌神社 (山形県)
 熱田神宮 (愛知県)
 伊勢神社 (三重県)
 春日神社 (奈良県)
 多賀神社 (滋賀県)
 天満神社 (京都府)  など

一つ所の神社としては、実に大物ぞろい、バラエティーに富んでいますが、様々な地域から入植者が集まってきた北海道では、そう珍しいことではありません。
中には、ちゃんと土地由来の神様も一緒に祀られているところもあって、神社巡りをしていると、土地柄や開拓の歴史が垣間見えるようで、けっこう楽しいです。


午後になると例大祭も佳境を迎え、町中を御神輿行列が練り歩きます。
御神輿を率いるのは、天孫降臨のお話しでも知られている猿田彦大神。
遠別町では「天狗さん」の呼び名で、子どもたちから慕われています。


さらにその先導を務めるのは、地元校のブラスバンド部員の皆さん。
ブラスバンド・マーチとともに、歩みを進める御神輿行列。
道外にお住まいの方の中には違和感を覚える方もいるかもしれませんが、これもまた「北海道らしい」なぁと、私は感じるようになりました。


夏期の疫病封じとしての意味合いも持つと言われる夏のお祭り。
今年はお天気にも恵まれ、皆の祈りを乗せた御神輿は、無事お社にもどって行きました。
次のお祭りの主役は”人”。遠別の熱い夏は、まだ続きます。

【写真提供】遠別町役場

※「遠別町 商工夏まつり」開催のご案内
8月4日(土)に、「遠別町 商工夏まつり」が開催されます。歌に踊り、様々な催し物も用意されておりますので、ぜひお越しください。イベントについて詳しくは下記HPをご覧ください。
【遠別町商工会】 http://www.shokokai.or.jp/embetsu/
個人ブログ 【居酒屋なんでやねん】 http://pub.ne.jp/momotin/?entry_id=4446414

佐々木伸宏

佐々木伸宏

遠別町地域おこし協力隊
1974年札幌市生まれ。2011年4月から遠別町に移住、「地域おこし協力隊」の一員として、高齢者の生活支援などの地域協力活動に取り組んでいます。


遠別町地域おこし協力隊HP
http://www.town.embetsu.hokkaido.jp/kyouryokutaiHP/

前へ | 新着順一覧 | 次へ

この記事を知らせる

ブックマークする