道北・遠別発
四季の便り〜人・まち・風景

左ヒラメ の 右カレイ

2012.06.14

「おい、これ持っていきな」
と渡されたのは、体長が肩幅ほどもあるヒラメ。
「ヒラメぐらい、さばけるべ」の言葉に、愛想笑いを返すのが精一杯でした。

遠別町では今、ヒラメ漁が盛んです。
「白身」「高級魚」と言われると、この魚種を連想される方も多いのではないでしょうか。

遠別の港でヒラメがあがり始めるのが5月下旬~6月頃、この頃になると、町内の飲食店ではそれぞれ趣向をこらした、遠別産ヒラメを使った限定メニューがならびます。
地元漁協青年部の企画によるイベント『ヒラメ底建網オーナー in 遠別』が開催されるのも、ちょうどこの時期です。

さて、件のヒラメ。どうやって食べるのがお薦めですかと聞くと-

「色々食べ方はあるけどねぇ。やっぱり、これはお刺身かね」
「お刺身で食べるなら、冷蔵庫で一晩置いた方が私は好き」
「歯ごたえは獲ってすぐの方が良いけどね。ヒラメは置いた方が甘くなるね」

とは、浜のお母さんたちのお言葉。
これまで魚は、スーパーでパック詰めを見るか、誰かの奢りでいただく程度の私にとって、あえて「魚を置く」ということは目からウロコが落ちる気分です。

一方、
「俺はカレイの方が好きだな」
と語るのは、町の釣り愛好家の方々。

「カレイの方が美味いべよ」「カレイの美味いの食べたら、ヒラメは食べれん」
ひとしきりカレイ vs ヒラメ談義に花が咲いた後、今はなにが来ている?どれくらい釣れた?と、釣りの話は止まりません。
海にも恵まれた遠別町の熱い夏は、まだこれからです。


【写真提供】遠別町役場

※関連HP
【るもいfan】
今年の「ヒラメ底建網オーナー in 遠別」は、今週末16日(土)に開催されます。
詳しくは下記HPをご参照ください。
http://rumoifan.net/hirame/2012/index.html

【遠別漁業協同組合】
四季の釣り情報など、遠別の海について知りたいならこちらがオススメ。
漁師さんが使う、「浜言葉」の紹介もあります。
http://www.emgyo.net/

個人ブログ【居酒屋なんでやねん】
町内飲食店のヒラメメニューについては、こちらのブログで紹介されています。
個人さんのブログですが、遠別の旬の情報も盛り沢山ですので、ぜひ一度ご覧ください。
http://pub.ne.jp/momotin/?entry_id=4348163

佐々木伸宏

佐々木伸宏

遠別町地域おこし協力隊
1974年札幌市生まれ。2011年4月から遠別町に移住、「地域おこし協力隊」の一員として、高齢者の生活支援などの地域協力活動に取り組んでいます。


遠別町地域おこし協力隊HP
http://www.town.embetsu.hokkaido.jp/kyouryokutaiHP/

前へ | 新着順一覧 | 次へ

この記事を知らせる

ブックマークする