カブタンの北海道ウロチョロ記
発見!北の大地の宝物

おススメ温泉【十勝岳温泉 湯元凌雲閣】

2011.12.04

カブタンです。

冬こそ北海道!
寒い冬だからこそ、あったま~る温泉が最高です。

しかも雪景色を見ながらの温泉は身体も心も癒されます。
髪の毛はバリバリに凍りますけどね(笑)。

今回ご紹介は、
上富良野町【十勝岳温泉 湯元凌雲閣】。



十勝岳の中腹、
北海道の中では一番高い標高(1290m)にある温泉です。

露天風呂のお湯は、赤茶色で、ホースからどんどんお湯が出ています。
絶景の山々に囲まれて、ちょっと身を乗り出すと下の方も見えます。
どこかからエゾシカに見られているのでは・・・とちょっとドキドキもします。

内湯(女)は、こんな感じ(↓)。



ちょっと暗めの内湯。内湯の湯船から続く扉をあけて露天風呂に出ます。
扉を開けた瞬間に、その明るさと絶景と解放感に圧倒~~!!!
タオルなんて巻いている場合ではないくらいの解放感・・・となるわけです。




十勝岳は今でも噴煙を上げている活火山。
周辺の山々とともに、美しい景色を作り上げています。

新雪がふると、白銀の世界に。
ふかふか、サラサラ、キラキラ輝く雪と青空。


季節折々で山の景色は全く異なります。
特に紅葉の時は人気らしいですが、
初冬や初春、路面がガチガチのアイスバーンではない時期の
超お天気の日(下界から山がくっきり見える日)は、
混雑もしておらず、最高です。
一人まったり、小さい自分に気づくのが心地よいです。


凌雲閣は、昭和38(1963)年に開業。
立派な施設ではないけれど、お湯のよさと景色は超おススメです。


振り返ると、富良野盆地。


上富良野駅からバスも出ています。

■十勝岳温泉 湯元 凌雲閣
上富良野町十勝岳温泉 ℡ 0167-39-4111
日帰り入浴は8時~20時。800円。

カルシウム・ナトリウム硫酸塩泉(茶色)

カブタン

カブタン

札幌生まれ。2011年6月まで4年間旭川暮らし。
ず~っと「北海道人」なのに、まだまだ新しい発見にワクワク中!
だから今日もウロチョロウロチョロ、モグモグ、パクパク♪

ブログ「カブタンとノンタンの北海道遺産」もどうぞよろしく!
http://blogs.yahoo.co.jp/hokkaido131313

前へ | 新着順一覧 | 次へ

この記事を知らせる

ブックマークする