カブタンの北海道ウロチョロ記
発見!北の大地の宝物

四季があるって素晴らしい!

2011.11.20

カブタンです。

雪が舞い散る季節になりました。
今日はタイヤ交換をし、冬靴を出し、コートの裏にライナーを取り付けました。
実家ではお庭の植物の冬囲い。

今日は、北海道人にとって冬の準備に忙しい休日でした。

なんだかユウウツになる冬の準備ですが、
よくよく考えてみると、四季があるって、とってもステキなこと。

一つの観光地も、四季折々の顔があります。
1度行った場所だって、違う季節に行ったら、
違った楽しみ方や風景を見ることができますよね~。

北海道人にも観光客の方々にもおなじみの道庁赤れんが庁舎。

春の赤れんが。
お花が一斉に咲いて、春の到来を喜びます。


5月中旬には、桜が満開となり、とても華やかになります。



夏の赤れんが。
さわやかな青空が広がり、お花畑と緑が萌えるのです。


前庭では、北海道じゅうの特産品や味覚が勢ぞろい。
青空市場が、市民や観光客を楽しませてくれますよ♪



秋の赤れんが。
お庭の木々が一斉に色づき、錦絵のよう。


赤れんが庁舎に続くイチョウ並木も、札幌の人気のスポットです。



そして
冬の赤れんが。
どっかりと雪が降って木々も真っ白になります。


そして、さっぽろ雪まつりの時期には、前庭に大きな雪だるまが登場。
多くの観光客の方々が訪れます。



北海道人の私たちにとっては、当たり前の季節の変化ですが、
こうして見てみると、なんと美しく、楽しいのでしょう。

改めて、四季の彩りがある北海道の豊かさを感じます。

寒い季節の到来!
みなさ~ん、今年の冬もおおいに楽しみましょう♪

カブタン

カブタン

札幌生まれ。2011年6月まで4年間旭川暮らし。
ず~っと「北海道人」なのに、まだまだ新しい発見にワクワク中!
だから今日もウロチョロウロチョロ、モグモグ、パクパク♪

ブログ「カブタンとノンタンの北海道遺産」もどうぞよろしく!
http://blogs.yahoo.co.jp/hokkaido131313

前へ | 新着順一覧 | 次へ

この記事を知らせる

ブックマークする