若月元樹の「OKINAWATCH(おきなわっち)」

RSS

vol.6

2010.09

アメリカンな街

観覧車が目立つアメリカンビレッジの夜景  沖縄本島の中部にある北谷町

vol.5

2010.08

あの世にお金を持ってゆく日

死んだ人から見れば札束の山に見えるウチカビの販売風景  沖縄のお盆は

vol.4

2010.07

滑走路道路

元滑走路だけあって、道幅も視界も空も広い道路  沖縄本島の中部に「読

vol.3

2010.06

水の上の街

川の上の「むつみ橋」交差点、奥に「むつみ橋通り」と「市場本通り」の入り口がある

vol.2

2010.05

「ニシ」は「北」と書くか「西」と書くか

波照間島のニシハマ  私の暮らす黒島には「西の浜(ニシノハマ)」とい

vol.1

2010.04

死者の乗り物

与那国でちょっと前まで活躍していた龕  私が暮らす八重山諸島には米軍

プロフィール

若月 元樹(わかつき もとき)
1974年広島県生まれ。沖縄国際大学大学院地域文化研究科修了。高校まで広島で過ごした後、沖縄の祖母の家へ移り住む。大学卒業後、そのまま沖縄でサラリーマンになったが、遊び足りなくて退職。大学院へ行ったはいいが、みんなまじめに研究していて衝撃を受ける。現在は八重山諸島の黒島にあるNPO法人日本ウミガメ協議会の附属研究所・黒島研究所でウミガメや島の人々らと戯れている。
・黒島研究所

前へ | 新着順一覧 | 次へ>

この記事を知らせる

ブックマークする