とろんの「右巻きアートエッセイ」

RSS

vol.6

2010.09

2012年12月、発情物語(予告篇)―奇跡は起こり連鎖する編―

2012年12月から108日間の祭り「たましいのかくじっけん」第二弾の青色フライ

vol.5

2010.08

2001年の春、発情物語(後篇)

右足首のギブスを外してもらった瞬間の50代の笑顔(骨折後1カ月半!! 聖地ベナレ

vol.4

2010.07

1985年の春、発情物語(中篇)

ボクが31歳の時、ブダガヤ(インド)のチベット寺にて。血便が止まらなく10キロや

vol.3

2010.06

1969年の春、発情物語(前篇)

1969年の春、インドの沙漠を走る18歳のボク。このあと、ドイツのフランクフルト

vol.2

2010.05

「107+1(天国はつくるもの)」PART2-奇跡は起こり連鎖する編―

うちゅうへほほえむ魅惑のユッコさん(東京中目黒でSPACE「JAMCHA」を運営

vol.1

2010.04

「太一」がボクらの運命「PAI」ロット

変身しつづける太一くん(3歳8カ月)  ボクがこの世に産まれ出たのは

プロフィール

とろん
1969年高校卒業直後、フランス郵船に乗ってインドに上陸し地球放浪をはじめる。帰国後、専門学校、大学、夫などを中退しながらも、旅と文筆とライブ活動を続行。50歳(2001年)からタイ北部の山間の町「PAI」にベースを移し、村創りをはじめる。現在、2012年12月から108日間の祭り(たましいのかくじっけん)第2弾を想定しながら、桃源郷「NEW MOON VILLAGE」を創作中。著書に『純粋単細胞的思考』『まるだしのエクスタシー』『とろんのダイジョーぶ経典(スートラ)』(共に、晩聲社)がある。
・とろんのホームページ

前へ | 新着順一覧 | 次へ>

この記事を知らせる

ブックマークする