美術館・博物館ガイド~季刊誌『カイ』2015年春号 vol.27より

北海道人がおすすめするアート情報

Hokkaido Magazine [KAI]


美術館・博物館ガイド〜季刊誌『カイ』2015年春号 vol.27より

◎札幌芸術の森美術館

「浮世絵師 歌川国芳展」
前編 4月25日(土)~5月26日(火)
後編 5月30日(土)~6月28日(日)
会期中無休
昨今、"奇才"と誉れ高き浮世絵師、歌川国芳。本展は、奇想をもって天外な世界を現出させた国芳芸術を前編・後編の2部に分け、総勢200点(各編100点)を紹介
●各編、 一般1000円、高大生600円、中学生400円、小学生以下無料(会期中再入場割引あり)
北海道札幌市南区芸術の森2丁目75番地
TEL:011-591-0090

◎市立小樽美術館

特別展「小樽運河・いまむかし展」
4月25日(土)~7月5日(日)
月曜日(5/4を除く)、4/30(木)、5/7(木)、8(金)、12(火)、13(水)休館
小樽運河を見つめてきた地元の画家たちの作品を、過去から現在まで展示
●一般400円、高校生・小樽市内70歳以上200円、中学生以下無料
北海道小樽市色内1丁目9番5号
TEL:0134-34-0035

◎北海道立函館美術館

「スサノヲの到来-いのち、いかり、いのり」
開催中~5月24日(日)
月曜日(祝日の場合は翌日)休館
スサノヲの多面的な性格を探ることによって日本人の深層に迫り、うたとさすらいにより成就される祈りや表現を探る
●※観覧料未定
北海道函館市五稜郭町37番6号
TEL:0138-56-6311

◎網走市立美術館

「楽しい子どもの美術展」
5月2日(土)~5月24日(日)
月曜日休館
全国規模のコンクールより選ばれた国内外の絵画・ポスター・書などおよそ120点を展示
●高校生以上 200円、小中生無料
北海道網走市南6条西1丁目
TEL:0152-44-5045

◎苫小牧市美術博物館

企画展「旭川市彫刻美術館所蔵 日本近現代彫刻名品選―ロダンから現代へ」
4月25日(土)~6月14日(日)
月曜日(5/4は除く)、5/7(木)休館
中原悌二郎、佐藤忠良、舟越保武ら日本彫刻界を代表する作家の作品を中原悌二郎旭川市彫刻美術館のコレクションによって紹介
●一般300円、高大生200円、中学生以下無料
北海道苫小牧市末広町3-9-7
TEL:0144-35-2550

◎市立函館博物館

特別展「千島樺太交換条約とアイヌ」
7月11日(土)~8月30日(日)
月曜日(7/20は除く)、7/21(火)休館
千島樺太交換条約締結から140年。千島巡航で収集された資料や条約締結によって強制移住させられたアイヌの民族資料等を展示
●一般400円、高大生200円、小中生100円(減免措置あり)
北海道函館市青柳町17-1
TEL:0138-23-5480

◎釧路市立博物館

天然記念物指定40周年記念企画展「湿原のサファイアよ永遠に~地域の宝キタサンショウウオを守れ!~」
開催中~6月7日(日)
月曜日(5/4を除く)、5/7(木)休館
氷漬けになっても蘇る神秘の両生類・キタサンショウウオと、宝石のように煌めく"湿原のサファイア"と呼ばれる卵の生体展示
●観覧無料
北海道釧路市春湖台1-7
TEL:0154-41-5809

◎市立小樽文学館

特別展「生誕110年 伊藤整展」
開催中~5月31日(日)
月曜日(5/4を除く)、4/30(木)、5/7(木)、8(金)、12(火)、13(水)休館
小樽を代表する文学者、伊藤整の生涯にわたり、その文学の全体を紹介するこれまでで最大規模の伊藤整展
●一般300円、高校生・小樽市内70歳以上150円、中学生以下無料

企画展「学校の怪談とミステリのある風景 楢喜八原画展」
6月6日(土)~8月2日(日)
月曜日(7/20を除く)、7/21(火)、22(水)休館
『学校の怪談』シリーズの挿絵を手がけ、幅広い年代に好まれる挿絵画家の北海道初の本格的作品展
●一般300円、高校生・小樽市内70歳以上150円、中学生以下無料
北海道小樽市色内1丁目9番5号
TEL:0134-34-0035

●展覧会について詳しくは各館へお問い合わせください。また、消費税の増税にともない観覧料金が変更となっています。
●小学生以下のお子様は必ず保護者同伴でご観覧ください。
●「カイ」では道内の美術館・博物館の企画展、特別展などの情報を掲載していきます。ぜひ情報をお寄せください。
 FAX : 011-232-4918   MAIL : kai@northerncross.co.jp

季刊誌カイ 提供(2015年春号掲載)

前へ | 新着順一覧 | 次へ

この記事を知らせる

ブックマークする